Top > ダークエルフ

ダークエルフ

ダークエルフ.png同盟エボンハート・パクト
推奨クラスソーサラードラゴンナイト
推奨スタイル魔法アタッカー≒物理アタッカー
概要ダークエルフは長年の抗争の歴史を経て、不屈の戦士へと鍛えられていった。加えて生まれつき魔法への親和性があり、知能も高い。3人の生き神に導かれたダークエルフは、とまどいつつも旧来の敵と同盟を結び、故郷の地を守ろうとしている。別名をダンマーという。

ダークエルフについて

別名ダンマー。ご先祖はチャイマー。
肌が黒く、瞳が赤いエルフの一種。そのため見た目がちょっと怖い。

家名と先祖を大事にする種族で、ハイエルフと並んでお高く止まった種族である。
ストーリー中でもダークエルフの名家に存在感を感じることもあるだろう。

スキル

レベル画像スキル名ランク効果
1両利き.pngアッシュランダー1二刀流スキルの経験値獲得量が15%増加する。
溶岩からのダメージを50%減少させる。
5精力.png精力1自身の最大マジカ値と最大スタミナ値が2%増加する。
152自身の最大マジカ値と最大スタミナ値が4%増加する。
303自身の最大マジカ値と最大スタミナ値が6%増加する。
10炎耐性.png炎耐性1最大マジカ値が1%上昇し、炎耐性が増加する。
202最大マジカ値が2%上昇し、炎耐性が増加する。
403最大マジカ値が3%上昇し、炎耐性が増加する。
25炎の才能.png破壊の系譜1炎ダメージが3%増加する。
352炎ダメージが5%増加する。
503炎ダメージが7%増加する。氷結と雷撃は2%増加する。

※「炎耐性」の炎耐性の増加値は情報募集中。

特徴・おすすめクラス

マジカ・スタミナ・属性ダメージ・炎耐性にボーナスがある。マジカとスタミナの両方にボーナスの入る唯一の種族であるため、育成の方向性が決まっていない人にオススメ出来る種族。

マジカ種族として見ると、マジカの上昇量はハイエルフ・ブレトンに1%だけ劣る第3位。炎・氷結・雷撃のダメージ量を増加させるスキルがあるため、魔法の攻撃力はハイエルフに次ぐ2位。炎属性のマジカスキルの運用に限れば全種族で最高の適性を持つ。

また、ダンジョンボスなど、多くの強敵が炎属性の危険な攻撃を持っているので炎耐性が役にたつ局面も多く、同盟戦争でよく使われる攻城兵器も炎属性であり、案外恵まれている。

ただし、ハイエルフやブレトンと違い、長期戦に向いたボーナスは持っておらず、こちらは何らかの手段で補ってやる必要がある。マジカとスタミナの両方にボーナスがあるからといって、決して器用貧乏な種族という訳ではない。

溶岩(マグマ)によるダメージを50%減少させる個性があり、特定の場所で移動がしやすくなる。

マジカの最大値を増加させるスキルを活かせる。
ダークエルフの欠点であるマジカ切れも、アクティブアビリティ「闇との取引」で補える。

また、スタミナ型に育成するならスタミナが活き、マジカもバフ用やアクティブアビリティ「闇との密約」に使って無駄なく利用できる。

炎攻撃が得意なドラゴンナイトならば炎ダメージへのボーナスを最大限に活かせる。ドラゴンナイトのアビリティはスタミナ変異すると炎属性ではなくなってしまうので、マジカ型に育成することになるだろう。

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

ホームエルダースクロールズオンライン ESO について

(c) 2016 DMM GAMES / 2016 ZeniMax Media Inc. Powered by PukiWiki Plus!