Top > フンガル洞窟2

フンガル洞窟2

フンガル洞窟2.jpg

概要

エボンハートのストンフォール西にあるグループダンジョン。DLCダンジョンを除くと最もギミックが多い。攻略不能になることも多く、恐らく最も多くのパーティを解散させているダンジョン。

デイドラ公メファーラが裏で糸を引いている。メファーラは人々がいがみ合うのを見て楽しむとか。プレイヤーのミスが重くのしかかるギミックが多いのはそのせいなのかもしれない。

フンガル洞窟1で助けたNPCが敵に回り、恩を仇で返されることとなる。

マップ

フンガル洞窟マップ2.jpg

ボス攻略

.瓮侫 璽蕕硫

大きな蜘蛛。酸の池の様な網の様なダメージエリアを作り出し、それが長く持続する。放っておくと足の踏み場がなくなってしまう。幸い耐久力は低いので手早く倒そう。

▲マイネ・バンドゥ

DLCダンジョンによくある即死ギミックと似た系統の攻撃を持つ強敵。
注意すべき攻撃は以下の3つ。

  • 強攻撃

威力が高い。しっかりガードしよう。

  • 連結する黒いビーム

プレイヤー同士をビームで繋ぎ、両方に大ダメージを与える。
片方が死ぬか、両者が大きく距離を取ると消える。
慣れない内は気づきにくいが当たった時にボシュンという音がする。

  • 拘束攻撃

分身4体で拘束し一定時間後、即死させる。
ターゲットはランダムで自力解除は不可。
分身の内どれか一つでも倒すと解除できる。
幸い分身の体力は低いので、どれか一体を集中攻撃すればすぐに解除可能。

N┐い觴團汽ぅ譽優

三匹連れている蜘蛛が死ぬ度にボスに強烈な防御力補正が入る。
タンクが蜘蛛を隔離し続ける事が必要。

もし蜘蛛を倒してしまっても、ボスの戦闘力は低いのでかなり時間はかかるが安全に倒せる。
ショートカットで戦闘自体をスキップできる。

ぅ瓮侫 璽蕕陵遒箸兄

ステージギミックが非常に特殊なので覚えておきたい。

  • 範囲攻撃

自身を中心とした範囲攻撃を繰り出すため、赤い円を見ながら避ける。
タンクは問題ないが、特に攻撃役は当たらないように注意したい。

  • 強力なビーム

ステージ後方から破壊光線が照射され、執拗に追尾して大ダメージの爆発を発生させる。
照射時は地面が赤くハイライトする。
タンクであっても大ダメージをくらう恐れがあるので、なるべく回避に専念する。

  • 強制テレポート

一定時間経過後、洞窟の穴に最も近いプレイヤーが異空間に飛ばされる。そこにいる子蜘蛛10匹程度を倒すと元の場所に戻れる。これを行うと、破壊光線を止めることができる。

ダメージ役は洞窟の穴に近い位置で戦うようにするのがベスト。
なお、破壊光線と異空間は一定時間おきにセットで復活する。

グ任量詭世韻離譽ー

周辺にザコがいるが、ボスだけを階段の所まで誘導すると相手にしなくても良い。

  • マジカ吸収

青いエフェクトと共に全員のマジカを激減させる。表示される攻撃範囲の外にいてもマジカを減らされる。この攻撃によりヒーラーが機能不全に追いやられやすい。ヒーラーは「再生」に代表される継続回復スキルの維持だけはキープしたい。

ポーション使用はマジカ吸収が終了した直後に。他のメンバーもその事を頭に入れておきある程度の備えがあると良いだろう。スタミナビルドはスタミナは減らされないので「活力」で回復サポートする事も考慮に入れるのもあり。

Ε凜ラ・テラン

【ハードモード達成の条件】※難易度ベテラン限定
ドーム内に入らずボスを撃破

川沿いを伝って入口の場所に戻ると出現するボス。
危険な攻撃と対処法は以下のとおり。

  • 魔法弾

普通の魔法攻撃だが、案外威力が高く、同じプレイヤーに連続で打ってくるので狙われたら危険。

  • 地面の黒いシミ

瞬間移動して、足元に黒いシミをつける。シミは徐々に広がり、かなりの範囲を埋め尽くす。高威力のダメージゾーンなので、踏まないように気をつける。

  • 杖ビーム

高く掲げた杖から黒い光線をプレイヤーに伸ばす。一定時間後に大ダメージを与える。よく見ると、一定周期で杖をクイクイっと振っている。この振った方向の逆側に移動しているプレイヤーにはダメージが入らない。

コメント

  • ヴィラ・テランのビームは素直にドーム退避したほうがうっかり死を防げると思う。 -- 2017-10-22 (日) 18:12:48

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

ホームエルダースクロールズオンライン ESO について

(c) 2016 DMM GAMES / 2016 ZeniMax Media Inc. Powered by PukiWiki Plus!