Top > マーチ・オブ・サクリファイス

マーチ・オブ・サクリファイス

概要

DLC「ウルフハンター」で追加された新ダンジョン。
デイドラプリンスのハーシーンの領域、ハンティンググラウンドが舞台となる。
森林地帯がメインとなるダンジョンでこれまでのダンジョンとは雰囲気が異なる。
道中で気を付けたいのは拘束から即死攻撃を行ってくる雑魚がいること。
拘束を解除するには味方が近寄ってシナジーキーを押す必要がある。
ラスト手前にもこの雑魚が出てくるので覚えていくとよいだろう。

マップ

画像提供募集中

ボス攻略

  • ウィルドの姉妹
    3姉妹のボス。ノーマル難易度でも即死の危険性あり。
    剣と盾、ヒーラー、アーチャーと特性が分かれている。
    各々オーラを纏っており、互いに接近するとパワーアップしたり大回復を行ってくる。
    剣と盾型のボスが即死持ちなのでタンクがタウントし、他の2体から隔離する。
    ヒーラー、アーチャーはバッシュ可能な行動をしてくるので都度バッシュで妨害。
    アーチャーはマジカアビリティを使用不能にするオーラを展開しているので離れて戦えばよい。
  • 極点のアガエド
    スプリガンのボス。
    ベテラン難易度では下記の対処を覚えておくと良い。
  • 全体爆破
    一定体力まで減少すると四体のラーチャーを呼び出す。
    ラーチャーを倒すとエッセンスを落とすのでシナジーキーで拾う。
    エッセンスを拾うと自身の体が黄、赤、青、緑に発光する様になる。
    ラーチャーを呼び出し一定時間後、全体に及ぶ即死攻撃を行う。
    これを防ぐには自分が発光している色のバリアを展開しているミニスプリガンの所まで行く。
  • 分厚きダグルンド
    両手武器持ちのボス。
    攻略自体は追加される弓持ちの雑魚を優先して倒す事、文字テロップ予告がある攻撃をガードかドッジロールでしのぐというシンプルな内容だが、全体的に威力が高めなので早めの対処が要求される強敵。
  • アッパーカット
    プレイヤーと同じ攻撃。タンク以外が受けると即死する。
  • アーチャー召喚
    主に戦闘マップの端に弓持ちの雑魚を召喚する。
    鈍足の状態異常と高い攻撃力を持ち、ノーマル難易度でも数が増えたまま放置すると全滅する。
  • 隆起攻撃
    「隆起攻撃が貴方を狙っています」というテロップの後
    追尾する飛び道具を放つ。威力が高く直撃すると即死する。
    ガード、ドッジロール可能。
    ベテランは全て回避すると実績が取得できる。
  • 追尾する属性弾
    雷や氷の属性弾を複数解き放つ。
    攻撃回数が多く、回避しきるのは難しいがガードすれば被害をかなり抑えられる。
    ダメージシールド系のスキルも有効。
    前述の隆起攻撃と同時に来ることもあり
    ヒーラーは事前に再生などの持続回復スキルの更新をしておきたい。
  • タルシル
    鹿のボス。
    特殊な演出があるボスで、戦闘前と一定体力減少後、戦闘マップから姿を消す。
    この間はしゃがんだ状態でウィスプを追跡し
    ウィスプが停止したところでシナジーキーを押す。
    これを何回か繰り返すとボスが姿を現す。
  • 単体の電撃攻撃
    直撃するとタンクも死亡する高威力の攻撃。ガードすれば問題ないが体力は多めに削られる。
  • 落雷
    落雷攻撃をしかける。バッシュで阻止可能。
  • 炎の床
    ボスが走り回り、その通過点に炎の床ダメージが発生する。
    踏まなければ全く問題ないが、走り回る、炎で周囲が視認しにくくなるというのが
    ポイントとなり、後述の要素が気が付きにくくなる。
  • 即死攻撃を行う雑魚
    道中に出てきた即死攻撃を行う雑魚。こちらを優先的に処理をしたい。
    ボスよりも危険。
    拘束攻撃は発動前にバッシュで妨害できる。
    倒すのが間に合わなさそうな場合は妨害して阻止しよう。

■攻略
このボスを厄介にしているのは離れた所から雑魚の増援が出てくる事。
炎の床の中にいつの間にか居た、というケースも多々ある。
DPSは一度目のボス消失〜ウィスプ追跡後は雑魚の処理を念頭に戦いたい。
時間経過で出現するため、ある程度時間が経過した段階で意識すればOK。
タンクは余計な事を考えず、単体の電撃のブロック、落雷の阻止に集中した方が良い。
要点としては、上記の様に役目を分担できていればさほど難しくはないはず。
ここでヒーラーが遠隔バッシュを用意しておくと、フォローが効きやすいので入れるのも手だろう。

  • バローグ

【ハードモード達成の条件】※難易度ベテラン限定
 旗に触れボスを撃破。

ヘビーウェアウルフのボス。
3つの小島と足元が水場という構成の戦闘マップで戦う。
どちらにも攻撃が仕込まれているため、タンクはある程度ボスを誘導する必要がある。
ハードモードは変化が大きく難易度が一気に上がる。

  • 毒の植物爆破
    3つの小島に爆発する毒の植物が現れる。
    触れ続けるとものの数秒で死ぬので触れないように。
    範囲は広めなのであまり接近しないようにしよう。

ハードモードは水辺にストラングラーも追加で出現する。
遠隔攻撃に加え引き寄せと拘束を行う。優先して排除したい。

  • 雷放出
    雷を放出し、水場を帯電させる。
    帯電した水に触れ続けるとやはりものの数秒で死に至る。
    こちらは3つの小島のどれかに上陸してしのぐ。
    触れた時にノックバック効果があり脱出が遅れるので早めに反応したい。

ハードモードは小島に上陸後もピンポイントに落雷が来る。
毒の植物爆破後、速やかに小島に待避しその後も歩きながら落雷を回避する必要がある。

  • 黒い霧
    黒い霧を発生させ、だれか1人に大ダメージを与える。
    マップの何処かに青白く光るポイントが出現するので
    このポイントまで退避。誘導されたボスも到達すると霧が消える。
    黒い霧の発生中は狼の雑魚を出現させ続ける。
    あまり数が増えすぎると全滅の可能性がでてくるため、黒い霧がなくなったあと優先的に処理しよう。

ハードモードは追跡してくるバローグが分身し合計4回の誘導が必要になる。
追跡中も毒の植物爆破、雷放出が発生する。

  • 範囲攻撃
    「カリカリの黒焦げだ」というセリフの後に
    両手でのしかかる様に叩きつける範囲攻撃。
    ベテラン難易度だと即死するので気を付けよう。

ハードモードでは叩きつけと同時に飛び道具が発射される。
この弾は高威力のDOTダメージが付与されるのでロール回避をしよう。
また黒い霧発生中もこの攻撃が来るのが厄介。

  • 突進
    床に赤い光の前兆が出現する突進攻撃。直撃するとタンク以外は即死。
    毒植物爆破後に来る。この時はタンクが安全な位置まで誘導するので
    タンクが誘導する時に直線状に入らないようにしたい。

ハードモードでは通過した箇所に炎の床ダメージが発生する。
踏み続けると致命傷なので気を付けよう。

  • 氷のブレス
    前方扇状に氷のブレスを吐く。ヒットすると大ダメージ+鈍足効果がつく。
    基本的にこの攻撃と前述の突進はボスの正面に立たなければ
    タンク以外は気にすることはないが
    毒植物爆破時や範囲攻撃回避時など位置取りが不安定な時が危険。

■攻略
‘任凌∧出現中は島から離れる
▲椒垢雷を放出したら小島に逃げる
9い霧が出現したら青白いポイントを探す
は気了┻は都度全滅させる

〜ハードモード攻略〜
ハードモードのキモとなるのはストラングラーの処理と黒い霧時の対策。
ストラングラーは都度処理したい。
ハードモード時の黒い霧は光の柱が発生しても毒の植物や帯電攻撃が発生するので厄介。
やり方はいくつかあり、各個人が足が早くなるスキルをセットし各自光の柱を見つけるパターン。
この場合、ヒーラーの助けは期待できないので
叩きつけ攻撃から発射されるDOT弾の回避は確実に行う必要がある。
もう一つは同盟戦争スキルの高速機動をセットした上で、黒い霧時はパーティーが固まって移動するパターン。
戦闘エリアの外周に沿って時計回りか反時計回りで移動する。
この場合は、ルートが固定され解除に時間がかかり、バローグに追いつかれる危険性があるが
ヒーラーの回復やストラングラーの処理取りこぼしに
やられにくい。
最後は上記を複合したパターン。
黒い霧発生時は固まって一定方向で移動し、柱を各自確認次第、個別で構わないので柱に向かう。
慣れてくるとこのパターンの安定率は高くなる。

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

ホームエルダースクロールズオンライン ESO について

(c) 2016 DMM GAMES / 2016 ZeniMax Media Inc. Powered by PukiWiki Plus!