Top > 灰の街2

灰の街2

概要

アルドメリ・ドミニオンのグリーンシェイドにあるグループダンジョン。ダンジョン名詐欺の典型で、冒険する場所はデイドラ公メエルーンズ・デイゴンの領域デッドランドの一部。TES4オブリビオン経験者には懐かしい風景が広がる。

他のダンジョンと比べてとにかく長い上に、ボスもDPSチェックが多いため、ESO屈指の難易度の高いダンジョンだ。アタッカーの火力の高さが勝利の鍵を握る。

マップ

画像提供募集中

ボス攻略

  • ルクハン

いきなり前回のラスボスが三人。地面の炎に気をつければそう手ごわくはないはず。戦士タイプ、射手タイプ、ヒーラータイプの三人組。戦士タイプが引き寄せを頻繁に使ってきて鬱陶しいのでこいつを先に倒すと良い。1体倒したらあとは消化試合のようなものだ。

  • 帝国軍のウラタ

人型のボス。次々と手下を呼び寄せる。召喚した手下は一定時間を経過するとボスに吸収され、ボスの体力を回復する。ここで手下が吸収されるまでに大半を一掃できるくらいの火力がないとグングン回復されてきりがなく、純粋に詰む。

ここできついようだったらこの先はもっと厳しくなるので引き返すことをおすすめ。

  • 炎の巨人

骸骨の巨人型のボス。

  • ホーバント・ファイアモー

巨大なデイドロス。戦闘が始まると次々とデイドラが参戦してくる。
また、ボスは一定時間ごとに広範囲にダメージをばらまく地震攻撃を行う。

  • グループの火力が足りるならボスへの集中攻撃が安定する。
    この場合はタンクやヒーラーもある程度攻撃参加すると良い。
  • グループの火力が足りない場合は、(ヒーラーが優秀なら)逐次雑魚を倒して、余力でボスを殴れば持久戦で倒せるが、少々辛い。
  • アッシュタイタン

デイドラのタイタン。体色が赤め。体力の減少に応じて大気の精霊を1体ずつ、2体まで召喚してくる難敵。長引くとタンクとヒーラーが辛いので、高火力で一気にカタをつけるのが理想。

  • 火炎放射
    自身から放射状に炎の波を放つ。これに当たると気絶状態になる。
    丁寧に左右移動すれば避けることができる。
  • 火炎照射
    天に炎を吹き、プレイヤーの周りに落ちてきて燃え続ける。これだけなら怖くはないが、移動できる範囲を狭められるので他の攻撃と合わさるととても危険。
  • 大気の精霊
    近くにいると大ダメージを受ける上に、どんどん接近してくる。タンクが引き付けて他のメンバーを巻き込まないように外周をマラソンするべし。接近しづらいので、挑発はアンドーンテッドの内なる炎かその変異が望ましい。
  • ズィヴィライのボス

二つの塔を守るボス。それぞれに1体づついる。ザコと見た目は同じだが、嵐の精霊を無限に呼び続けるため案外バカにできない。火力が足りないグループだと嵐の精霊に数で蹂躙されて詰む。ボスに攻撃を集中して短期決戦を挑むべし。

とは言え、単体攻撃だと増え続ける嵐の精霊にタゲを吸われることもままあるので、範囲攻撃で嵐の精霊を削りつつボスも削るのが無難。

  • ヴァルキン・スコリア

このダンジョンのラスボス。炎と溶岩を操るデイドラ。マグマ地帯で戦う事になる。飛び石とプレートの足場があるので、プレイヤーはその上に陣取ることになる。プレートの初期数は通常5個、ベテランハードは3個になる。

  • 地面割り
    フィールドを見て薄々感づいた人が思ったとおり、地面のプレートを割る。ついでに吹き飛ばし効果もあり、近くにいたものは溶岩の中に落とされる。早めに溶岩から上がって次のプレートに移動するように。
    プレートがすべてなくなってしまうと、さあ大変。急いで決着をつけないと全員が持続的に大ダメージを受け続けて全滅必至。つまりこいつもDPSチェックつきのボスということだ。火力が足りないとここでも詰み。

勝利後は中央に宝箱が出現し、その中に戦利品が入っている。
死体にはアイテムがないので、倒す場所などは気にしないように。

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

ホームエルダースクロールズオンライン ESO について

(c) 2016 DMM GAMES / 2016 ZeniMax Media Inc. Powered by PukiWiki Plus!