Top > 月狩人の砦

月狩人の砦

概要

DLC「ウルフハンター」で追加されたダンジョン。
ノーマル、ベテラン共に全体的に攻撃力が高めな敵が多い。
ステージ中盤から登場する出血ダメージが高いウェアウルフ、巨体が特徴的なウェアウルフベヒーモスが強敵だ。
ウェアウルフベヒーモスはノーマル難易度でもタンク以外は簡単に倒してしまう攻撃力、前方に広い範囲攻撃も持つ強敵。
攻撃する際は正面は避けて戦おう。

マップ

画像提供募集中

ボス攻略

  • 看守メリトゥス
    人型のボス。
  • ウェアウルフの増援
    複数のウェアウルフを呼び寄せる。攻撃力が高めなのでボスとまとめて攻撃しつつ処理したい。
  • 追尾する血の噴水
    継続ダメージと鈍足効果のある床ダメージを発生させる。
    威力が高いので踏みとどまるのはおすすめできない。
  • 拘束攻撃
    プレイヤー1人を拘束し少しした後即死させる。
    体力が残り35%程度になると行ってくる。
    ウェアウルフの召還と血飛沫攻撃のエフェクトで見づらい。
    被拘束者以外のプレイヤーは、バッシュで拘束を解除できるので早めに救助したい。
  • 生垣の迷宮のガーディアン
    ラーチャー型のボス。
    道中ギミックのおさらいになる。
  • スプリガン起動
    ボスエリアにいる眠ったスプリガンを起動する。
    ボス手前にも同様の仕掛けの雑魚が存在している。
    スプリガン起動時にNPCが早く倒す事を促すのでそれを起動の目安にすると良いだろう。
    スプリガンはボスを回復させ続けるので倒す必要がある。
    嫌らしい事に生垣の内部にも配置されているが放物線を描く回復ビームを目印に位置を把握しよう。
    体力35%くらいから起動するスプリガンが最も見つけにくい所にいる。
    後述の要素も留意したい。
  • ストラングラーの罠
    一定時間接近するとアクティブになり接近していたプレイヤーを拘束しダメージを与え続ける。
    拘束されると自力解除不能。
    解除にはストラングラーを倒すかバッシュをする必要がある。
    時間経過でも解除可能だが現実的ではない。
    スプリガンの近くに設置されているので気を付けよう。
  • 木の根で拘束
    木の根で拘束後、少しした後即死攻撃を放つ。
    拘束の解除はドッジロールで行う。スタミナビルドはスタミナ残量に注意だ。
    また、同盟戦争スキル「除去」なら味方ごと拘束を解除できる。
    拘束が来る前もNPCが注意を促してくれるので反応はしやすい。
  • 月呼びミレンヌ
    ウェアウルフのボス。
    特徴的な仕掛けがありベテランは対処が必要。
    ノーマルも一定以上の火力がないと同様の事が言える。
  • のしかかり攻撃
    ランダムなターゲットでプレイヤー1人にマウントを取り、少しした後即死攻撃を放つ。
    バッシュ可能。ランダムなのでパーティ全員が意識したい。
    なお、ターゲットは一人だが着地は範囲攻撃なので
    場合よっては複数に及んで拘束される事もある。
  • 自己強化
    ボス自身を強化し攻撃力を上げる。
    元々火力が高めなのに対しさらに上昇するので手がつけられない。
    解除は後述の要素を使用する。
  • 雷攻撃をする雑魚召還
    雷攻撃をする人型の敵を呼び出す。
    プレイヤーを狙い大量の落雷攻撃を行う。
    ベテランは直撃しない方が良いレベルの威力になる。
    移動しながら回避しよう。
    倒すと広範囲の持続する帯電床を残す。
    帯電床のダメージは大きく倒したらすぐ離れるようにしよう。
    前述のボス強化はこの帯電床に誘導することで解除できる。
  • 狼召還
    自己強化する多数の狼を召還する。
    自己強化解除はミレンヌと同様に帯電床で可能。
    体力も攻撃力もやや高めなので優先して倒そう。

■攻略
〕醉襪楼榮阿靴覆ら回避する
△里靴かり攻撃はパーティ全員がバッシュを意識する
M觜況發了┻を優先して倒し、死体の周囲から離れる
ね觜況發了┻の死体の辺りまでボスを誘導する。
 もしくはボス近辺で雷雑魚を倒す
ハ気睛ダ茲靴禿櫃

  • 公文書保管人アーナルデ
    人型のボス。一定以上の火力があればノーマルはギミックを無視して倒せる。
    ギミック自体はやや難解。
    戦闘エリアに見慣れない記号が設置されるのにすぐに気がつくだろう。
    これはギミックの回避に使用する。
  • 取り巻きの雑魚
    開始からいる2人の取り巻きは体力を減らすとウェアウルフベヒーモスに変身する。
    道中と同じくタンク以外が攻撃を受けてはいけない。
    また叩きつけの範囲攻撃はタンクでも
    耐えられないためタイミングを合わせてロール回避が必要になる。
    前方に広範囲の攻撃を行うので、タンクはパーティメンバーが
    範囲攻撃に晒されない位置取りを意識しよう。
    タンク以外も前方に入らない様に注意すればよりベターである。
    またボス体力が20%減るごとに取り巻きが再出現。
    残り20%時は4人呼び出す。
    この段階の時はボスを一気に倒してしまおう。
  • 取り巻きの強化
    取り巻きとボスの距離が近いと取り巻きを強化状態にする。
    また、変身していない取り巻きを変身させる。
    ボスと取り巻きを離せば良い。
  • ターゲットする雷
    足元に大きなマーカーを付与し、一定時間後に起爆する。
    起爆はガード可能でタンク以外でも耐えられる。
    ダメージを共有することは可能。
    問題はマーカーを付与された以外のプレイヤーが気が付かずに
    起爆時にマーカーに触れていると即死する事。
    付与された人間は集団から離れつつ、ガードを固めよう。
  • 拘束する泡
    紫色の泡の様なものでプレイヤーを拘束し、一定時間後即死させる。
    解除は拘束されたプレイヤーに対し攻撃をすればよい。
    ミレンヌを倒したパーティーの火力なら問題なく壊せる耐久度。
    即死のエフェクトが少し変わっているので一度は見てみると良いかもしれない。
  • 大魔法
    全体に及ぶ即死攻撃を行う。
    ボスの頭上に特徴的な記号が浮かぶので、同じ形の記号がある床に退避する。
    退避する床は1人ずつしか入れないので注意が必要だ。
    最終的にどの記号を決定するのかまでに中々時間がかかる。

■攻略
〇┻を隔離し、倒してからボスに攻撃
各種即死は回避する
 -マーカー攻撃→ マーカーされた人に近寄らない
 -泡拘束   → 拘束された人に攻撃する
 -大魔法   → ボスの頭上にある記号と同じ記号の所に逃げる

  • 超越者ヴィコサ

【ハードモード達成の条件】※難易度ベテラン限定
 巻物に触れボスを撃破。

カジートのボス。マーチオブサクリファイスに手紙が落ちている。
最初のライカンスロープという噂があり今はハーシーンに反逆しているようだ。
ボス部屋に入ってすぐの所にメモが落ちおり、ある程度の背景が分かる。
ハードモードは拘束系のスキルの有無でかなり難易度が変わる。
全クラス使用可能なサイジックスキルのタイムフリーズがおすすめ。
即死攻撃とタンクも耐えるのに手一杯な攻撃のオンパレードなため、場合によっては拘束スキルは
全員が用意するのもあり。

  • アリとゼル
    開幕からいる2匹の大きな狼。ベテランだと即死を持つ。
    優先して倒せば問題ないのだが、倒しても死ぬわけではなく壁際に退避するだけ。
    ボスの体力が一定の割合になる度に復活する。
    (80% 60% 40% 20%)
  • ウェアウルフ召還
    ボスの体力が一定以上減る度にウェアウルフを召還する
    (90% 70% 50% 30%)
    攻撃力、体力は高めでベテランではやはり放置すべきではない。
    最終的には数が増えて処理自体も困難。
    拘束系のスキルが通用するのでセットしておくと楽になる。
  • 炎の床ダメージ
    持続性のある炎の床ダメージを発生させる。
    こちらもベテランだと威力が高く、踏みとどまるのは困難。
    味方の蘇生時に設置されたら素直に離れよう。
  • トーテムポール召還
    恐怖状態にするトーテムを召還する。
    トーテムの周囲に赤い範囲がでるので回避すれば問題ない。

■攻略
流れとしてはまずアリとゼルを倒しボスを削るとウェアウルフを召還するので同様に優先して倒す。
その後ボスを削るとアリとゼルが復帰するので優先して倒すという手順を繰り返す。
アリとゼルの復活、ウェアウルフ召還はボスの体力が減少時に発生するがそれぞれ別の割合で発生するためだ。

−ハードモードの変化
増援のウェアウルフが5%毎に追加でさらに出現。
(85% 65% 45% 25%)
ヴィコサの体力が50%を切るとミレンヌ時の雷雑魚が出現しヴィコサ、アリとゼルが強化状態に。
雷雑魚の攻撃はプレイヤーをピンポイントに狙う落雷に変化。
ヴィコサの体力が30%を切るとアーノルデの大魔法ギミックが一定周期で発動する。

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

ホームエルダースクロールズオンライン ESO について

(c) 2016 DMM GAMES / 2016 ZeniMax Media Inc. Powered by PukiWiki Plus!