Top > 初心者ガイド〜キャラ育成・スキル振り〜

初心者ガイド〜キャラ育成・スキル振り〜

※内容は未完成です、編集者募集中。修正・追記・指摘等もお願いします。

戦闘・キャラ育成について

このゲームは育成の自由度が大きな魅力なので、ある程度は好みで選ぶのもOKです。ただし、グループ(パーティー)を組んでダンジョンを攻略する場合には「タンクダメージ(DPS)ヒーラー」と言った特徴が重要になってくるため、自分の特徴を引き出したスキル選び・ステータス振りをしておく必要があります。

ステータスの振り方と基本

ステータス.jpg

ESOでは「体力」「マジカ」「スタミナ」の3つのステータスを振って行きます。
キャラクター画面(Cキー)を開いて+を押したらEキーを押す事で完了。+を押すだけでは反映されないので注意。ポイントはレベルアップ毎に1ポイント獲得します。

  • 体力

最大体力値と被回復量・耐性を強化します。
タンク(壁)等の近接戦闘をメインとするキャラは、この能力を重視します。

戦闘に慣れない初心者の間、とりあえず序盤に振っておくと言うのもオススメです。
英語版では体力ではなく「ヘルス」となっているので、情報収集等では注意。

  • マジカ

最大マジカ値とマジカを使用するスキルのダメージ量・杖によるダメージ量に影響します。クラススキルや杖スキル・魔術師ギルドスキルをメインに運用する場合は、この能力を重視します。

クラススキルのほとんどがマジカ消費によって発動するものなので、クラススキルの発動回数とダメージ量を増やすなら欠かせないステです。ソーサラーのみが使う、と言う訳ではありません。

このステータスを重視するキャラ育成を「マジカビルド」と呼びます。

  • スタミナ

最大スタミナ値とスタミナを使用するスキルのダメージ量・杖以外の武器によるダメージ量に影響します。その他、「ダッシュ・隠密・強撃(詠唱妨害)・ロール回避・打破・防御」の行動でもスタミナを消費します。

武器スキルのほとんどはスタミナ消費なので、主に武器スキルを駆使して戦う場合、それから戦士ギルドスキルを活用したい場合にこの能力を重視します。また、一部のクラススキルはスタミナを消費するので(特に変異後)、そのスキルを活用したい場合にも有効です。

このステータスを重視するキャラ育成を「スタミナビルド」と呼びます。

戦闘スキルを覚えよう

キャラを強くするにはまず、スキルを覚えさせましょう。スキルポイントが貯まったら「K」キーを押してスキル画面を開いて下さい。現在所持しているスキルポイントは左上に表示されています。

スキルはそれぞれ「クラス・武器・防具・ワールド・同盟戦争(PVP)・ギルド・種族別・クラフト」の8種類あります。ワールド・同盟戦争・ギルドは始めたばかりだと存在しませんが、プレイする内に使えるようになります。最初は色々あって迷う所ですが、まずは「クラス」スキルを覚えさせましょう。

まずは3種のスキルラインから1つずつ覚える

クラススキルは各クラス毎に3種類のスキルラインに分けられており、掛け持ちで取得して行く事が可能です。いずれかのクラススキルのスキルラインのみを取らなければならないと言う決まりはなく、色々なスキルラインの中から取捨選択しながらスキルの組み合わせを考えて行きます。

例えば、ドラゴンナイトであれば「熾烈なる炎」のみのランクを上げて行くのではなく、他の2つ「龍族の力」と「大いなる大地」のスキルランクもともに上げて行くのがベストです。

  • ドラゴンナイトの場合
火の捕縛.jpg龍族の力.jpg大いなる大地_0.jpg←3つのスキルラインを全て育成
熾烈なる炎龍族の力大いなる大地

各スキルラインはアクティブアビリティを覚えさせてアビリティバー(スキル画面下のアイコンを入れる所)にセットすることで成長させることができます。序盤の内は3種類のスキルラインから1つずつ取得してセットしましょう。

そうする事で、効率良くスキルラインを育成出来ます。アビリティバーに入れた状態で経験値を獲得すれば使わなくてもスキルラインは成長します。後々パッシブアビリティを習得するためにも早くに習得しておくのがオススメです。

特に初心者の内はどのアビリティがどんな感触なのか、実際に試してみなければ分かりません。まずはスキルの選択肢の幅を広げ、自分の理想のプレイスタイルに合うアビリティは何なのか探してみましょう。特に、強くしたい・変異させたいアビリティがあれば率先して使用して下さい。

どの武器を選ぶ?

クラススキルを習得したら、次は武器選びです。武器には大きく分けて、スタミナ系武器とマジカ系武器があります。単純に、杖2種類がマジカ系で、それ以外がスタミナ系です。武器スキルについては「武器スキル」のページを参照。ステータスの育成方針に合わせて、どちらかに絞ってスキルを取得して行くのが無難です。

また、各種族はそれぞれ固有のパッシブアビリティを持っています。武器・防具スキルラインの経験値獲得量がアップするスキルは初期から解放されているため、スキルを取得する前に確認しておきましょう。

例えば、ハイエルフであれば攻撃の杖スキルラインの経験値が15%増加するスキルを覚えているので、武器に攻撃の杖を選ぶと、高レベルのアビリティを比較的早く習得することができます。そうすると、必然的にパッシブアビリティによって火力を底上げすることができ、戦闘が楽になります。どれが良いか迷ったら、種族別アビリティを参考にしてみるのも一つの手です。

種族別アビリティの確認は「同盟・種族一覧」のページへ

武器・防御スキル

武器スキルと防御スキルはどの種族・クラスも共通で、自由に取得する事が出来ます。
防御スキルは、アビリティバーにスキルをセットする他、該当の装備を身に付けて戦闘を行う事でもスキルランクが上がります。

  • 武器スキル

該当する武器を装備して経験値を獲得する事で、ランクを上げて行きます。該当武器を装備していなくても、アビリティバーにアクティブスキルをセットしておくだけでスキルランクを上げる事も可能です。

  • 防御スキル

身に付けた装備の種類と数によってランクの上がり方が変わってきます。例えば、防御力が高いからと言って重装鎧ばかりを身に付けていると、重装鎧のスキルラインばかり育ってしまうので注意して下さい。
また、ランク20から取得できるアクティブアビリティをセットしても上がります。

防御スキルについてざっくり言うと、軽装鎧はマジカ系、中装鎧はスタミナ系、重装鎧はタンク(壁)系です。どの装備のスキルラインを育成するのか未定の場合には、複数の種類の鎧を全て身に付けておくと良いでしょう。ただ、戦闘に慣れない内は防御の高い重装を多めに付けておいた方が良い場合もあります。

まずは色々試してみる!

スキルポイントは獲得出来る機会が多くある上、後からスキルの振り直しも出来る(そこそこのゴールドで)ので、そこまで失敗を恐れる必要はありません。まずは色々振ってみて、試して行くのが一番です。

クラスのスキルラインにはそれぞれに特徴があるので、まずはどのスキルラインがどう言った特徴を持つのか、ざっとスキル一覧を確認しておきましょう。それぞれ特徴は全く異なるので、効果を確認して興味を持ったスキルラインにポイントを振ってみて下さい。

クラス及びスキル一覧はクラス一覧のページへ

キャラビルド(マジカビルド・スタミナビルド)

ビルドとは、キャラクター育成の自由度が高いゲームでよく使われているゲーム用語です。スキル選びやステータスの振り方を試行錯誤し、キャラを構築して行く事を指します。ESOでは主に、マジカを重視する「マジカビルド」とスタミナを重視する「スタミナビルド」と言った、2つの観点から構築して行きます。

  • 種族別適合ビルド
マジカビルドスタミナビルド
ブレトン
オーク
レッドガード
ハイエルフ
ウッドエルフ
カジート
アルゴニアン
ダークエルフ
ノルド

※リストは正確な情報を募集中。△や×を使うのもOKです。

種族によって、相性の良いビルドが存在します。あくまで「適している」だけであり、必須級と言う訳ではありませんので、このリストに必ずしも従う必要はありません。迷った時の参考の一つにしてみて下さい。

ダンジョンでのロール(役割)について

スキルやステータス振りがソロ向きになり過ぎてしまうと、複数人で挑戦するダンジョン等で活躍できなくなってしまいます。基本的にはソロ用・パーティープレイ用でスキル(戦闘スタイル)を分けておきましょう。

パーティープレイでは、「ダメージ(DPS)」「タンク(壁)」「ヒーラー(回復)」の3種類に分けて構成されるのが基本です。自分がどの役割になるのか、方向性をしっかりと定めた上で育成を行う事が大切になります。

詳しくは以下の各ページで解説しています。


コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

ホームエルダースクロールズオンライン ESO について

(c) 2016 DMM GAMES / 2016 ZeniMax Media Inc. Powered by PukiWiki Plus!