Top > 初心者ガイド〜クラフト(生産)〜

初心者ガイド〜クラフト(生産)〜

初心者のクラフト

初心者の内は装備がどんどん入れ替わる事になるため、作成や改良についてはそこまで触らなくてもOK。装備にもレベルがあり、自分より低いレベルの装備は弱いので、手間を掛けて強い装備を製作しても、レベルが上がるとすぐに残念性能になってしまいます。特にレベルが低いほど早くレベルアップするのも序盤の作成を控える理由になります。クエスト報酬やドロップでセット装備も拾えるので、当面はクラフトする必要は感じないでしょう。
本格的にクラフト開始するのはレベル50になったあとのチャンピオンレベル。これが160になってからで、当分先になります。(効率を気にせずのんびり楽しむなら数レベルごとに都度、クラフトすることで攻略が多少は楽になる程度の効果はあります)

ここでは、基礎知識・序盤の内からクラフトでしておいた方が良い事・知っておきたい知識について紹介します。

基礎知識

クラフトには、以下の7種類が存在します。

鍛冶鍛冶.png鉱石を使って斧・戦棍・剣・短剣・重鎧を生産。近接武器とタンク用の鎧。
縫製縫製.png布や皮を使って軽鎧・中鎧を生産。タンク用以外の防具。
木工木工.png木材を使って杖・弓・盾を生産。遠距離武器とタンク用の盾。
錬金術錬金術.png試料を使って薬・毒を生産。一時的な回復・バフ・デバフ。
付呪付呪.pngルーンストーンを使ってグリフを生産。武器・防具に追加効果を付与。
調理調理.png食材を使って食べ物・飲み物を生産。マジカ・体力・スタミナを強化する。
宝飾[添付]貴金属を使ってアミュレット・指輪を生産。導入にはDLCサマーセットが必要

クラフトの場所

クラフトを行う場所は、基本的に各マップの大きな都市内にあります。ほとんどの場合は、クラフト専用ゾーンのような形で各クラフト台が集中した場所にありますが、例外もあるのでマップをよく確認してみましょう。

  • クラフト台の種類と見た目
種類画像名称
鍛冶鍛冶台1.jpg鍛冶台
縫製仕立台1.jpg仕立台
木工木工台1.jpg木工台
錬金術錬金台1.jpg錬金台
付呪付呪台1.jpg付呪台
調理調理用の火1.jpg調理用の火
宝飾[添付]宝飾台

場所とマップアイコンが統一されていないため、クラフト場所は少し分かりづらくなっています。マップから探すには、それと思われるアイコンにカーソルを合わせてみましょう。

カーソルを重ねる.jpg

カーソルを重ねると、画像のように詳細が見えるので「○○台」と書かれた場所を目指して下さい。

  • クラフト台とアイコン一覧
種類アイコン備考
鍛冶鍛冶のアイコン.jpg鍛冶台・仕立台がまとまっている事が多い
通りダボンズウォッチのアイコン.jpgダボンズ・ウォッチ等はこれ
市場市場のアイコン.jpgここにまとまっている事もある
木工木工のアイコン.jpg木工台は別の場所にある事が多い
錬金術錬金術のアイコン.jpg付呪台の近くにある事が多い
付呪付呪のアイコン.jpg錬金台の近くにある事が多い
調理宿屋のアイコン.jpg宿屋(酒場)の中やマップの至る所にあるたき火
宝飾[添付]付呪台の近くにある事が多い

地域によって全く違うため、あくまで参考程度です。
ちなみに、アルドメリ・ドミニオンのグラーウッドでは、中央の木の2階まで行く必要があります。(代わりに、その2階は全施設が揃った広場になっています)

鍛冶・縫製・木工

ひたすら装備を解体する

将来的にはクラフトで製作や加工をよく行う事になるので、その下準備としてクラフトのレベルを上げておかなくてはなりません。しかし、クラフトスキルのランクは簡単には上がりません。

そこで知っておきたいのが、装備の解体(分解)によるランク上げです。

解体1.jpg

クラフトは、製作だけでなく分解を行う事でも経験値(インスピレーション)が多く得られるので、序盤の内からひたすら分解すると言うのが非常に有効です。

装備は「装飾」特性のついたもの(初心者ガイド3を参照)以外は売却せず、分解か、後述の研究に使いましょう。ゴールドは装備売却ではなく、他の手段(初心者ガイド3を参照)で得るようにするのがオススメ。

複雑特性の装備.jpg

特に「複雑」特性のついた装備はクラフト経験値+280%となるので、この装備を手に入れたら売却・破壊せずに分解しましょう。経験値がかなり稼げるので割と重要な特性。

1点注意したいのは、リング・ネックレスのアクセサリー類のクラフトにはDLCが必要と言う点です。DLC導入か、ESOPlusの予定がないなら、品質の高いものであっても、自分で使わないならば売却してしまいましょう。また、DLCサマーセット導入直後(2018年5月〜)は宝飾品クラフトのために解体要員の不用品アクセサリーでもギルドストアでちょっとした値が付くようです。ギルドストアを利用できるなら、試してみるのも良いかもしれません。

研究を進める

研究1.jpg

研究とは、宝石素材を使って装備に特性を付与するために、各種特性を解放するシステムの事です。このシステムは、特に時間が掛かる事で有名で、初心者の内からログインする度に進めて行きたいシステムの一つです。なんと最大で(1特性に)60日以上掛かります。

基本と詳細については「クラフト(生産)」のページにまとめているので、方法が分からない方はそちらを参照。

研究を進める事で、該当の特性を武器や防具に付与できるようになりますが、最も重要なポイントはクラフトセット装備が作成可能になることです。セット装備については「セットアイテム」のページへ。

なお、研究に使用した装備は解体同様に消失します。

おすすめの特性

特に、スタミナ型のダメージ役で活躍する武器の「ニルンホーンド(武器ダメージ増加)」や、火力を増大させる防具の「神々(ムンダス・ストーンの効果増大)」やPvPでの定番「貫通不可(クリティカル・ダメージ軽減)」は人気です。その他、武器と防具の両方にある「訓練」は経験値アップの特性なので、レベリング重視の方には欠かせない特性です。

他にも、火力重視であれば「注入」や「正確」が有用です。
宝石と効果の一覧についても、「クラフト(生産)」に載せています。

錬金術

自身に有利な効果が付与される薬(ポーション)と、相手に不利効果を与える毒を作成できます。主にダンジョンや同盟戦争で使うものなので、初心者はそれ程触らなくても良かったりします。

ただ、ボス・ダンジョン攻略に使えたり、使わなくても集めておいた方が良い貴重な素材はいくつか存在するので覚えておきましょう。

集めておきたい素材

画像素材主な用途
オダマキ.jpgオダマキ体力・スタミナ・マジカ回復・ノックバック無効
山の花.jpg山の花体力・スタミナ回復
ムラサキ草.jpgムラサキ草体力・マジカ回復
ドラゴンソーン.jpgドラゴンソーン武器クリティカル・スタミナ回復
ホテイアオイ.jpgホテイアオイ武器・呪文クリティカル・体力回復
ニガヨモギ.jpgニガヨモギ武器クリティカル・ノックバック無効
ナミラキノコ.jpgナミラキノコ呪文クリティカル・透明化・ノックバック無効
ニルンルート.jpgニルンルート透明化

※ノックバック無効=猪突猛進

PvP・PvE問わず、特にリソース回復が重要になっているため、スタミナ・マジカ回復は貴重な素材となっています。オダマキは特に人気の高い素材で、3ステータスの回復を持つ汎用性の高さと、PvPで活躍するノックバック無効が優秀です。

ニルンルートはギルドストアでも高く売られている素材で、ナミラキノコ・アオイッポンシメジ等と合わせる事で、PvPで役立つ透明化が得られます(逆に、透明化の敵を見つけたい場合は「探知」の素材を使う)。自分で使わなくてもギルドストアで売れるので、特にオダマキニルンルートは集めておいて損はありません。

初心者が使うなら、以下の体力系がおすすめです。

画像素材主な用途
スクリプのゼリー.jpgスクリプのゼリー体力回復継続
蝶の羽.jpg蝶の羽体力回復・体力回復継続・被回復力増加
蜘蛛の卵.jpg蜘蛛の卵体力回復継続
ビートルスカトル.jpgビートルスカトル被回復力増加
ホタルの腹部.jpgホタルの腹部被回復力増加

錬金術の基本と詳細については「クラフト(生産)/錬金術」のページへ。こちらに各素材の特性一覧と、作れる薬の効果一覧を載せています。

付呪

3種類のルーンストーンを組み合わせて、武器と防具に効果を付与するクラフトです。考えなしに素材を集めていると特にかばんを圧迫するため、必要なルーンだけを残しましょう。半分以上のルーンは使用することがありません。

基本的にドロップするアイテムは、適した付呪効果が既に付いた状態で手に入るので、これも本格的に運用するのはCP160以上から、となります。それまでは、グリフの抽出(分解)だけでも行って、クラフトレベルを上げておくと良いでしょう。付呪は特にスキルレベルが上がりにくいクラフトなので、当面は装備と同じく分解だけでOKです。グリフを手に入れたら、今すぐ使うもの以外は抽出してしまいましょう。(これも適正レベルより低いグリフが弱いため)

集めておきたいルーンストーン

画像素材主な用途
[添付]クター伝説(最上位)の品質ルーンストーン
[添付]タデリ・マクデリダメージ用
[添付]レポラ・イタデチャンピオン160用の効力ルーンストーン
[添付]オコ・デニ・マッコ防具用。貴重ではないが、たくさん使う
[添付]ハケイジョ防具用。とびっきりの希少品

(ハケイジョは通常入手不可だが、DLCサマーセットを導入している場合はサイジックのポータルから入手の可能性がある)

自分で使わなくても、クターやハケイジョはギルドストアで高価なので金策としても有効です。

付呪についての基本と詳細は「クラフト(生産)/付呪」のページへ。ルーンと効果一覧も載っています。

調理

体力・マジカ・スタミナの最大値や再生値を上昇する効果を持つ消費アイテムを作るクラフトです。食べ物と飲み物の2種類があり、その中でもステータス別に更に3種類に分けられます。また、上位のものは複数のステータスを上昇させます。
効果時間は、30分〜2時間と、非常に長く、一種類のみ適用できます。(効果時間中に別の食べ物、飲み物を使用すると古い効果は消えます)
上昇量も、セットアイテム数箇所分に匹敵し、実質的に装備枠と考えて下さい。

最大スタミナや最大マジカを増やす食べ物・飲み物は攻撃力を上げる事にも繋がるので、火力アップにも役立ちます。ダンジョン・PvPでは必須と言って良いでしょう。(どの食べ物・飲み物を選ぶかも装備同様にキャラメイクの一部と考えられています)手元にない場合は、何も食べないよりマシなので、NPC(シェフ)から購入するか、テーブルの上に放置されている物を拝借しておきましょう。宿屋(酒場)等を探してみましょう。

調理を行うには、レシピが必要になるため、まずはレシピの収集からスタートします。

レシピ.jpg宝箱や各種盗み・探索ポイント・ギルドストア等で手に入る。

クラフト否定になってしまいますが、面倒な人はNPC購入だけで済ますという手もあります。街の食料商人から購入したり、テーブルに乗っている食べ物や飲み物は弱いですが、シロディールの攻城兵器商人が(何故か)扱っている食べ物はクラフト品と遜色ありません。

錬金術と同じく分解が行えないクラフトなので、生産する事でしかスキルレベルを上げられません。その代わり、食品が大量に確保できるダンジョンが存在したり、船の中で大量に盗めたりするので、集める場所には困りません。

初心者には体力関連の食べ物がおすすめですが、マジカビルドでなければ、ダッシュ移動の時間を延長するためにスタミナ関連を所持しておくのも良いでしょう。回避や打破(ついでに盗み)の際にもスタミナは活躍するので、とりあえずいくつか持っておくと便利です。

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

ホームエルダースクロールズオンライン ESO について

(c) 2016 DMM GAMES / 2016 ZeniMax Media Inc. Powered by PukiWiki Plus!