Top > 初心者ガイド〜知っておきたい知識・技〜

初心者ガイド〜知っておきたい知識・技〜

設定でネームプレートをオンに

NPCの名前.jpg

Escキーを押して左メニューより「設定」→「ネームプレート」からネームプレートをオンにしましょう。そうする事で、NPCの名前や役割を判別出来るようになります。初心者の間はどのNPCが何をしてくれるのか判断出来ないので、このネームプレートを活用して下さい。

騎乗スキルについて

騎乗動物をそのまま使うだけでは、あまり恩恵を感じる事が出来ません。乗り物には「騎乗スキル」があり、これを強化する事によって真価を発揮します。スキルは通常のスキル画面ではなく、馬屋から強化します。強化した騎乗スキルはキャラクター画面(Cキー)より確認可能です。

馬屋アイコン.jpgマップを開いてこのマークのある場所へ行く

序盤の内はまず、移動速度を上昇させる「スピード」を上げるのがオススメ。速度よりもバッグの容量を求めるのであれば「運搬能力」を選ぶのもアリ。20時間に1回しか上げられないので、毎日ログインしたら馬屋へ訪れる癖をつけておきましょう。

また、この騎乗スキルは250Gさえ持っていれば、騎乗動物を手に入れていない段階からでも強化出来ます。ゲームをスタートした序盤の内から毎日、強化を怠らないようにするのがコツです。

カバンの中身を上手く整理しよう

全てのアイテムを倉庫に突っ込んでいてはキリがないので、要らない装備や素材は商人の所でどんどん売ってしまいましょう。近くに商人がいない場合は、アイテムを右クリック→破壊するでも処分出来ます。

特に「ジャンク」「スタイル素材(特殊なものを除く)」「釣り餌」辺りは貴重ではないので、優先的に売却・破壊してしまいましょう。料理や薬も一部のものだけを絞って所持しておくのがオススメ。

プレイヤーが最初に選べる種族のスタイル素材は全てクラフトNPCが売ってくれるので、見慣れないスタイル素材以外は全て破壊してしまって問題ありません。(カバンに保管するとしても自身の種族のみ等にする)

クラフト素材を集める場合、特に調理に使う「材料(食材)」と付呪に使う「ルーンストーン」は非常にかさばりやすいため注意が必要です。

課金の場合

課金でインベントリの拡張を検討する場合、月額のメンバーシップである「ESO Plus」を購入しておくのがオススメです。

クラフトバッグ.jpg

ESO Plusを購入している期間中は、かばん内の「クラフトバック」が使用可能になります。このバッグには、かさばりやすいクラフト材料を詰め込んでおけるので、課金する場合はこちらが最適です。

なお、倉庫とバッグの所持上限は、クラウンストア→アップグレード→所持品より1,000クラウンで10ずつ増やす事も可能です。永続的な効果があるので、ESO Plusをずっと続けるか分からないと言う場合にはこちら。

助手NPC.jpg

課金では、アイテムを取引する商人や銀行の頭取(助手NPC)を呼び寄せる事もできます。非常に便利でオススメ。こちらはクラウンストア→アップグレード→助手より可能です。

無課金の場合

無課金で何とかアイテムを管理したいと言う場合には、倉庫用キャラを作っておくと便利です。キャラは無課金でも最大8人まで作成可能で削除も出来るので、とりあえずの倉庫キャラを作っておくのがオススメです。

かばんや銀行について、詳しくは「バックパックと銀行」のページへ。

レベル10になったらすぐに同盟戦争へ

同盟戦争は対人戦(PVP)と言う事で避ける方もいますが、とりあえずマップに入って最初のクエストだけはこなしておく事を推奨します。同盟戦争へはLキーを押してキャンペーンに登録して参加する事で入場出来ます。

同盟戦争のマップ「シロディール」に入場すると、その時点でまずは同盟戦争スキルがスキル画面に追加されます。そして、最初の祠を使って移動するクエストをこなす事で、同盟戦争スキル2つの最初のスキルが覚えられるようになります。

一見、対人用スキルと思ってしまいがちですが、「庇護」「鉄びし」「戦いの角笛」など通常のプレイにも使えるスキルもあります。

高機動.jpg

特に「襲撃戦術」で一番最初に取得可能になるスキル「高機動」を覚えれば、約30秒間移動速度・騎乗速度を30%上昇させる事が出来ます。

移動を快適にしたいのであれば、とりあえずレベル10まで上げて同盟戦争のマップへ入りましょう。また、シロディールは通常のマップと同じようにクエストやシャード・本・ダンジョン・採集アイテム等が存在します。

なお、同盟戦争のマップから脱出するには専用の祠を使用する必要があるので注意。
上記諸々、「同盟戦争(PVP)」のページに詳しくまとめてあります。

レベリング(レベル上げ)について

クエストをソロで坦々とこなすソロプレイをする人は多くいますが、それだけでは中々レベルは上がりません。効率的にレベリングをするなら、複数人でダンジョンへ行くのがベストです。ダンジョンは敵が大量にいて、範囲狩りしやすいポイントとなっています。

ソロでもダンジョンで経験値を稼ぐ事は出来ますが、一人だと難易度が高くなるので装備やスキル(範囲攻撃スキルなど)を整えて挑みましょう。クエストで経験値を稼ぐなら、スキルポイントも手に入る「メインストーリー」を中心にこなすのがオススメです。

また、武器特性と鎧特性の「訓練」は獲得出来る経験値をアップする事が出来るため、レベル上げ重視なら装備でこの特性を重視するのがオススメ。武器特性は「カーネリアン」、鎧特性は「エメラルド」の宝石素材を使ってクラフトで武器を作るか、訓練の特性が付いている装備を積極的に使って行きましょう。ギルドストア(ギルドに入っていなくても利用可能)を利用すると便利です。

セット装備を集める

フィールドセット装備.jpg

各マップでは、専用のセット装備がモンスターや宝箱からドロップします。基本的に、1マップに3種類のセット装備があり、タンク・スタミナ・マジカ用に大きく分けられます。

同じセット装備を2セット以上装備すると、記述されている追加効果を得られます。特に5セット目の効果は特殊で強力なものが多いので、5セットの収集を目指してみましょう。

セット装備にはこの他にも、ダンジョンドロップのセット装備・クラフトセット装備も存在しますが、初心者の内はフィールドドロップのセット装備だけでもOKです。

クエスト報酬で受け取れるものもあるので、自分のビルドに有効そうなセット装備を積極的に集めて行きましょう。なお、フィールドセット装備はそのマップ固有のものなので、フィールドを移動すると別のセットがドロップするようになります。

またどの同盟も、主要都市である第1マップ手前(チュートリアル後に送られる小さなマップ)のセット装備は「訓練生の〜」で共通しています。それ以外はマップ固有。

セット装備については「セットアイテム」のページを、フィールドセット装備の効果と場所の一覧は「セットアイテム/フィールドドロップ装備」を参照。

ギルドについて

ESOにはギルド機能があります。特に海外のプレイヤーが多くを占めるゲームなので、ソロで静かにやりたい場合を除いては積極的に日本人ギルドへ参加する事をオススメします。

ギルドについてはこちらのページにもまとめていますが、公式掲示板の募集から探すのがオススメです。厳しい条件を強いるようなギルドはほぼない上、5つのギルドを掛け持ち可能なのであまり難しく考えず加入してみましょう。

ただし、ギルドによっては同盟やログイン率などで管理されている場合もあるので、条件はよくチェックしてからコンタクトを取りましょう。

クラフトのデイリークエストを消化する

各同盟の主要都市では最初のチュートリアル用クラフトクエストを完了させると、クラフトのデイリークエストを毎日受ける事が出来るようになります。クエストはクラフトを行う場所の近辺に「○○のクラフトの依頼」と書かれた掲示板があるので、そこを調べる事で受けられます。

クラフト依頼掲示板.jpg

報酬として、ゴールドやクラフト経験値・素材等が獲得できます。
詳細は「クラフトデイリークエスト」のページへ。

オープニングロゴムービーをスキップする

ゲーム起動に表示されるロゴ部分は設定によってスキップ出来ます。
まず、以下のフォルダを開いて下さい。

C:/Users/ユーザー名/マイドキュメント(My Documents)/Elder ScrollsOnline/live

その中にある「UserSettings.txt」を開きます。
開いたら、下から25行目にある「SET SkipPregameVideos "0"」と言う所の数字を0から1に変更して上書き保存。この状態でゲームを起動するとスキップが反映されます。

ゲーム内TIPSを読む

ロード画面ではゲームの攻略に役立つ情報(TIPS)がランダムで表示されます。
このTIPSを読む事で覚えられる事も多いので、しっかり見て行きましょう。

wikiでは「ゲームTIPS」のページへまとめています。

wikiの編集について

管理人自ら率先して編集していますが、編集に協力してくれる方を募集中です。「編集初心者」向けと言う意味で、最後にwikiの編集方法について簡単に解説します。基本は普通の攻略wikiと同じです。

1.編集したいページを開き、左上にある「編集」をクリック。

2.文字だけの編集なら文字を変更・追加し、下の「プレビュー」を押す。
プレビュー(ピンク背景)の時点で更新はされないので、失敗しても問題ありません。

3.表示に違和感がなさそうであれば、プレビューの右にある「ページ更新」を押す。
→反映されます(完了)。

4.分からない部分(コード)については、FormattingRulesを参照する。
基本的には、「見出し」「目次」「表組み」を覚えておけば何とかなります。

5.不安があれば、SandBoxのページにて練習可能です。このページは自由に編集できるテストページです。

何かあれば、編集者用掲示板へお願いします。

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

ホームエルダースクロールズオンライン ESO について

(c) 2016 DMM GAMES / 2016 ZeniMax Media Inc. Powered by PukiWiki Plus!