Top > 帝都監獄

帝都監獄

[添付]

概要

デイドラに支配されている監獄。囚人に希望を与えて騙すメモが落ちていたり等、陰惨な雰囲気だ。
ダンジョン構成が長い上に耐久力が高めの敵が多い。
全て相手をすると中々時間がかかるが走り抜けてスルーする事も可能。
アクセスにはDLC「インペリアルシティ」が必要だ。
モンスターマスクは一定範囲内の防御力を上げるという汎用的な性能。
タンクをやるなら是非とも入手したい1品だ。

マップ

[添付]

ボス攻略

  • オーバーフィーンド
    人型のボス。
    途中で大量の増援が出てくる。
    そのまま戦うときつい場合は部屋の左下の角で戦うと良い。
    増援の攻撃の手数が減る。
  • 肉の彫刻家イボメズ
    デイドラ(人型)のボス。
  • 肉の精霊生成
    一定体力減少後、中央の沼まで移動し、囚人を呼び寄せる無敵状態になる。
    囚人が沼まで到達すると高攻撃力、体力の肉の精霊に変化する。
    沼の到達を阻止するには床に設置されている肉の爆弾を囚人にあてる事。
    シナジーキーを押して取得し、同様にシナジーキーで射出する。
    爆弾は地面アビリティ扱いなので、クイック詠唱の設定をオンにしていると上手く狙えない事が多くなり、かなり危険。
    この設定をオンにしていた場合は、このボスの時はオフにすると良いだろう。
    尚、肉の精霊は一定時間後に怒り出して即死攻撃を放つ。
    放置せずに倒してしまおう。
    最も簡単なのは肉の爆弾を当てつづける事。
  • 肉叩き
    肉の精霊生成フェーズ終了後に行ってくる拘束からの即死攻撃。
    ランダムターゲットでタンク以外にも向かってくる。
    バッシュで阻止可能だが武器を何回か打ち付けてから
    とどめの攻撃のみバッシュできる。
  • 肉の悪鬼
    肉の巨人型のボス。
  • 毒の噴水
    プレイヤーの足元に赤い輪を付与し一定時間後打ち上げ効果のある毒の噴水を仕掛ける。
    重なると即死するので離れよう。
  • 毒液ばらまき
    高威力のダメージゾーンをばらまく。
    触れるとものの数秒で死ぬので触れないように。
    自分の周囲にまかれる時もあるが、大人しくその場にいれば問題ない。
  • ネクロホーヴァー、ゾンビの増援
    戦闘中に追加される増援。
    無視せず処理をすれば危険はない。
    ホーヴァーは一定時間後、大ダメージの自爆を行う。
  • ダスク看守長

【ハードモード達成の条件】※難易度ベテラン限定
 かがり火の中の書物に触れボスを撃破。

タイタンに似たデイドラのボス。かなりしゃべる。
戦闘中、地面に大きな円のポータルが生成される。
全体即死を回避する要素なので、該当の即死攻撃がくるまでは入らないようにしよう。

  • 減速するオーブ
    大きめのDotダメージと減速効果がつくオーブを設置する。
    近寄らないようにしよう。
  • 連射する飛び道具
    飛び道具を連射して放つ。通常はタンクに向かう。
  • 爆撃弾
    前兆として赤い輪のエフェクト発生後、上空から弾が落ちてくる。
    移動しながら回避しよう。
  • 分身
    4体に分身する。4体のうちどれかが実体を持ちダメージが通る。
    全て破壊する必要がある。
    分身も遠隔攻撃をしてくる。タンクは遠隔タウントを用意しておこう。
  • 地面のポータル
    地面を移動する円型のポータルが出現する。触れると天井までワープし落下。
    落下中にシナジーキーを押さないと着地ダメージで死亡する。
    後述の全体即死の回避に使用する。
  • ダークライトバースト
    一定時間毎に発生する全体即死攻撃。
    回避は生成されたポータルに入る必要がある。
    注意点はポータルは1つにつき入場が2人までなのと使用制限が1回までなこと。
    この攻撃が来るまでにポータルに入ってしまうと誰かが回避不能になる。

⬛攻略
基本はマップの外周で戦う事を意識したい。
他にはダークライトバーストが来るまではポータルに入らないようにする事と減速オーブから離れて戦いたい。
ボスの遠隔攻撃が強烈なためタンクはタウントを切らさない様にする。
分身は広範囲にわたって展開されるため
遠隔タウントや突進スキルがないと苦しいだろう。
それ以外では片手武器スキルの防御態勢や反射系のスキルを用意するとかなり楽になる。

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

ホームエルダースクロールズオンライン ESO について

(c) 2016 DMM GAMES / 2016 ZeniMax Media Inc. Powered by PukiWiki Plus!