Top > 同盟戦争(PVP)

同盟戦争(PVP)

同盟戦争.jpg
少しずつ編集中です。修正追記も募集中

概要

シロディール.jpg
シロディール

プレイヤー同士で領地の占領を巡って争う戦争(PVP)システム。レベル10から解放され、Lキーから専用の画面を開いて入場する。マップとしては大陸のど真ん中に位置する「シロディール」にて行われる。

所属の同盟別に分かれて戦うため、基本的には集団VS集団の争いとなる。同盟間での争いのため、ギルド加入は必須ではない。

戦いの精神.jpg

ESOのPVPで特殊なのは、プレイヤーの強さが自動で大幅に調整される点。シロディールに入場するとPVP用のバフがどのプレイヤーにも適用され、これによってレベル差を気にせず遊べる仕様となっている。ただし、装備やスキルの差はそのまま出る。

初心者用

はじめ方

レベル10以上になったらLキーを押して同盟戦争画面を開く。まず最初は「キャンペーン登録」を済ませる必要があるため、好きなモードを選択する。

アズラの星.jpg

ルール別に「一般戦」「チャンピオン無効」「レベル50以下」「一般戦(7日間)」の4つのキャンペーンがあるが、最初はデフォルトで表示されるチャンピオン無効の「ソーサ・シル」でOK。人が多いのは「一般戦」だが、こちらはチャンピオンシステムを解放していない場合、対戦相手との差がより大きくなる。

キャンペーン名をクリックしてRキーを押すと「ホーム・キャンペーンを設定」と出るので、Eキーを押してホームに設定。以降、ダブルクリックで入れるようになる。混雑中は入れない事もあるので注意。混雑状況は画像右のアンテナ(満員の場合は錠前マーク)より確認できる。

最初にやる事

最初は各同盟の門(キャンプ地)に飛ばされる。同時に、スキル「同盟戦争」が解放。ここでまず、マップを移動して会話するだけの簡単なクエストが用意されているので消化する。

クリアするだけで同盟戦争スキルのランクが2に上がり、最初のアクティブアビリティを覚えられる上、スキルポイントも受け取れるのでオススメ。特に「襲撃戦術」のアクティブアビリティ「高機動」は、移動速度を30%アップさせる超有用なスキルなので、すぐに覚えさせたい。PVPだけでなく、通常マップの移動にも便利。

同盟戦争の準備

同盟戦争でのみ使えるアイテムが存在する。これらのアイテムを使いこなせるかどうかで勝敗が決まるので、使い方は必ず理解しておこう。
大別すると、攻城兵器、修理キット、前線キャンプの三種類がある。
どれも攻城兵器商人から購入できる。攻城兵器商人は全ての砦、基地、資源、本拠地にいる。
攻城兵器は、設置型のオブジェクトで、強力な範囲攻撃を行え、砦や基地を攻略するために必ず必要になる。
修理キットは、ダメージを受けた砦や基地、攻城兵器を修理することができる。
前線キャンプは好きな場所に復活ポイントを設置できる。

本拠地にも攻城兵器商人は居るので(MAPで場所を確認可能)、直ぐに入手できる。
最初はゴールドでも購入できる、炎のバリスタと、壁の修理キット、扉の修理キットをいくつか買っておこう。

旅の祠.jpg

なお、通常マップへ戻る際には、このマップ(○○の×門)にある旅の祠を使うので覚えておくこと。門は各同盟に2箇所ずつ存在する。

同盟戦争の基本

移動手段

トランシタスの祠.jpg

シロディール内は通常マップとは違い、「トランシタスの祠」を使ってワープ(ファストトラベル)を行う。この祠は、キャンプ地(門)と自同盟の領地となっている「砦・基地」を結ぶものとなっている。キャンプ地ではマップの中央に位置する。

移動範囲.jpg

祠を使用すると上記画像のように、領地同士を緑色の線で繋げたマップが表示される。この線で繋がっている祠が移動可能な範囲で、占領の度合いによって常に変化する。

敵に砦そのもの、もしくは周りの資源を全て奪われると、その場所への移動ができなくなってしまう。その場合には騎乗動物での移動がメインになる。特に同盟戦争では頻繁に移動を行うため、騎乗動物は馬屋で速度のステータスを上げておきたい。その他ダッシュキーはもちろん、同盟戦争スキルの「高機動」は多少無理してでもスキルをセットしておきたい。

ルールと領地

砦.jpg基地.jpg街.jpg資源.jpgアーティファクトの門.jpg聖堂.jpg
基地資源聖堂

同盟戦争の勝利条件は、期間終了時に自分の所属同盟が最も多くのポイントを持っていること。このポイントは、占領している砦や資源が多いほどたくさん取得できる。
相手プレイヤーを何人倒しても、一切ポイントは入らない。
そのため、主に、他同盟の領地を奪う事が主な目的となる。占領可能な領地は「砦・基地・街・資源」の4種類。「門・聖堂」は後述する巻物争奪における重要ポイントとなる。マップを見ると、これらの場所のアイコンが各同盟の色で染まっているのが確認できる。

北西の「ダガーフォール・カバナント」は青色、北東の「エボンハート・パクト」は赤色、南の「アルドメリ・ドミニオン」は黄色で表示されている。

砦イメージ.jpg

多くの敵NPCと城壁によって硬く守られた場所。祠を繋ぐ重要な場所でもある。城壁・門は普通の攻撃では崩せないし、所有同盟以外のプレイヤーは中に入ることが出来ないため「攻城兵器」を使って攻撃する必要がある。占領を完了するには内外の壁または門を突破し、城内にある敵同盟の色に光る2つの旗の近くでしばらく待機して占領する必要がある。

敵砦ボーナス.jpg

他同盟の砦を奪うと、その数に応じてバフのボーナスが付与される。

ホーム砦ボーナス.jpg

自同盟の砦を維持する事でもボーナスを得られる。ボーナスの種類や状況は同盟戦争画面の「概要」タブより確認できる。

しかし、戦闘力に影響が無い(敵砦ボーナスの上位の物は少しクリティカルが上がるが)ボーナスを気にして、他の重要な砦を取られたりすると元も子も無い。砦の奪い合いが肝になるので、どこの砦を攻めるか守るかをよく考えよう(だいたいシロディール中央の6つの砦を狙えば間違いはない)。

砦についての詳細な攻略ページへ

 
  • 資源

資源イメージ.jpg

複数の敵NPCによって守られた場所。砦より占領の難易度は低く、慣れたプレイヤーなら一人で制圧してしまう。不慣れなうちは複数人で挑む事を推奨する。占領を完了するには砦と同じく旗の近くで待機すること。こちらは旗が一箇所だけ。

各砦の周辺に「農園」「製材所」「鉱山」の3種類の資源が存在しており、全て奪うと相手同盟はその中央の砦に移動できなくなる。(死亡からのリスポーンは可能)

資源は中央にある砦の耐久力に影響しているため、資源を奪う事で砦を占領する難易度を下げられる。農園は敵NPCのHP、製材所は城門のHP、鉱山は城壁のHPにボーナスを与えている。

資源についての詳細な攻略ページへ

 
  • 基地

外壁の無い砦。ほぼ砦と同じ機能が備わっている。というか、同じ造り。
当然ながら、外壁がない分、攻められると早く落ちる。
リスポーンするポイントとして価値が高い場所(同盟の領地の丁度境目!)にあるので、小さい割に戦争の流れへの影響は大きい。

基地についての詳細な攻略ページへ

 

各同盟にそれぞれ1か所ずつ存在する。占領すれば、復活場所として活用できる場所となる。特殊な装備品を売る商人(補給係)がいるのも特徴。
占領の方法は他と同様、旗の近くでの待機。兵士のいない「飛び地」、近くに少数の兵士と商人がいる「商人」、多数の兵士が守る「中央」の3箇所。
ここも、単独で資源を占領できるプレイヤーなら一人でも占領できるが、不慣れなら複数人でかかった方が良い。

街についての詳細な攻略ページへ

 
  • 門と聖堂

各同盟の領地最奥に位置する聖堂には星霜の書が安置されている。ちなみに、英語名はElder Scrolls。つまり本作のタイトルでもある最強の秘宝である。
星霜の書の争奪は、同盟戦争でも最大級の争奪戦となるだろう。
敵対同盟の聖堂エリアへは、門を通らないと入ることが出来ない。そして、門は通常は閉鎖されている。
門が開く条件は、門に最も近い砦と、その砦と繋がる砦の2箇所を占領すること。
必然的に、門を開けるためには、その同盟の領地を壊滅状態にまで追いやる必要があり、門を開けられた側の同盟は、(開門の条件の関係で)トランシタスの祠による転移が殆ど出来なくなるので、結果的にほぼ全員で門に関わる砦を奪還したり、星霜の書を防衛する事になる。
本拠地から聖堂までの距離が近いこともあり、リスポーンも早く、攻める側からすれば相手が無限湧きする中、聖堂まで突撃しなければならない。
聖堂中央の星霜の書は、Eキーで取得することが出来るが、この時、周囲に敵兵がいると、星霜の書による結界で即死する。

  • 星霜の書

見事星霜の書を強奪することができた場合、今度は輸送に一苦労することになる。
星霜の書を所持している間、プレイヤーは騎乗動物に乗ることが出来ない。つまり、必ず追撃する側の方が移動速度が速くなる計算となる。
当然ながら、殺害されると星霜の書を落としてしまう。
自分の同盟が占領している砦の、トランシタスの祠とは対照位置にある台座の上に星霜の書を置くと、めでたく確保となる。
(これらの星霜の書争奪戦は、ワンサイドゲームとなっている場合でないとそう発生しないので、あまり意識する必要はないかも知れない。門や星霜の書に動きが有った時は画面中央にデカデカとメッセージが表示されるので、力になりたいなら、駆けつけてみても良いだろう)

攻城兵器・専用アイテム

同盟戦争でのみ使える兵器で、地面に設置して、強力な攻撃を行える道具。
各同盟の拠点や砦、資源などに存在する攻城兵器商人からゴールドまたは同盟ポイントで購入し、アイテムスロットに入れる事で使用できる。
誰が使用しても威力が同じで、相手の防御力を無視し、高威力だったり追加効果があったりという特性があるため、しっかり運用できればキャラクターが弱くても、大きな戦果を上げることが出来る。
初めての人は同盟の本拠地にある試射場で練習させてもらおう。
ちなみに、再発射までの間はプレイヤーが離れていても次弾装填は自動で進む。複数配置してローテで打ったり、合間に味方の回復やバフかけなどを行ったりして戦闘効率を上げていこう。

  • トレビシェット
    重りで石などを飛ばすピタゴラ装置の様な攻城兵器。
    基本的に射程が最長で、上向きに攻撃でき、一発あたりの威力が高く、発射間隔が長い。
    設置面積を広く取る事も特徴である。
    威力の高さが発射間隔の長さで打ち消されており、時間あたりの威力は低くなる。
    基本は、人に打つなら炎、壁に打つなら石。
  • バリスタ
    巨大な弓矢の様な兵器。その矢のサイズは丸太程もある。発射口に同盟を象徴する動物(竜、鷹、獅子)の造形があしらわれており、カッコイイ。
    水平、下方への発射となるが、射程が長く、発射間隔が短めで扱いやすい。威力はそこそこ。設置面積も小さめである。
    高所を取ると射程が長くし易いので、砦の屋根や外壁の上で打つのに適している。敵攻城兵器へのダメージも高く、篭城戦では尚更使いやすい。
    扱いやすいため、とりあえずバリスタを持っておけば役に立つ場面が多い。
    扉や壁を打つためにバリスタを、対人としては、稲妻のバリスタを選びたい。
  • カタパルト
    ゴムだか何かで皿の上の物を飛ばす攻城兵器。
    トレビシェットに弾道が似ているが、威力低め、発射間隔最短と、性質は真逆である。
    対人での追加効果が強力であるが、弾道の関係で避けられ易い。入ってきて欲しくないエリアに先置きする感覚で撃つか、乱戦にブチ込むなど工夫が必要となる。
    オイル、腐肉、散弾のどれもが強力なので、好みで選んで良い。
  • 破城槌
    丸太がぶら下がった振り子。これで門を叩いて破る。
    扉専用で壁には使えない、機能させるのに3人以上が必要、射程距離ゼロ(密着する必要がある)と、運用性は最悪だが、威力は最強。
    砦の攻防は、速度が大事なので、これを使いこなすかどうかで勝負が決まるとさえ言える。
    破城槌の後ろにバリスタを置き、破城槌の運用範囲の中からバリスタを操作することで、3人でもかなりの速度で砦を落とせる。
  • 燃える油
    炎上する油を垂らして全身火傷させるエグい兵器。攻城兵器に分類されるが、主に防衛戦で用いられる。
    威力、発射間隔、範囲が最強。ただし射程距離は数メートルで、実質真下にしか届かない。
    特にその威力が凶悪で、食らうとほぼ死ぬ。直ぐにポーションとアビリティで回復、継続回復重ねがけでもすれば助かるかもしれない。
    また、攻城兵器への威力も絶大。
    門が開いてこれから突撃……という所でこれを浴びて全滅。なんて事にならない様に、常に意識する必要がある。
    防衛の際は、扉や壁が破られそうになったら、燃える油を複数配置して突入に備えよう。
    砦には、いかにもここで油を使いましょうという様な造りがあちこちにある。事前にチェックしておくことを推奨します。(床が網目の様になっている所や、床が凹凸上にせり出している所、占領する旗近くの階段の手すり等)
  • 修理キット
    扉、塁壁、攻城兵器の三種類がある。
    このうち、扉と塁壁の修理キットは、砦や基地の該当オブジェクトの耐久力を回復させるのに使用する。回復量に応じて同盟ポイントも獲得できる。購入コスト200、300に対して獲得できるのは50〜60(回復量によって変化)で赤字の様に思えるが、同盟戦争スキルの経験値やスキルポイントに繋がる階級ポイントをほぼノーリスクで獲得できる。
    回復させる効果なので、回復力アップ系のパッシブの効果も乗る。(なぜかモンスターセット:チョークソーンも発動する。内部データでは回復アビリティ扱いの模様)

攻城兵器修理キットでは同盟ポイントは得られない。多くの攻城兵器はそう高価ではないので、氷炎の攻城兵器(シロディールのドルメンで入手可能)の様な貴重な物に使おう。
また、破城槌で扉を破壊するときに、壊されそうな破城槌を強引に修理すると攻めを継続できて効果的なこともある。
後述する前線キャンプも攻城兵器の一種なのでコレで修理出来る。時間経過や敵の攻撃を受けたなどして耐久力が減っていたら回復しておくと安定する。

  • 前線キャンプ
    ある意味最強の攻城兵器。
    これを設置すると、近くで死んだプレイヤーがここで復活する事ができる。
    20回使用可能。一度キャンプで復活すると、再度キャンプで復活できる様になるまで5分のクーリングタイムが発生する。(通常の復活は当然可能)
    敵がキャンプを設置していると、せっかく倒したプレイヤーが一瞬で前線に復帰するため、先にキャンプを破壊しないと一向に敵が減らない事になる。
    最優先破壊目標だと思って良い。
    破壊の方法は、キャンプ目一杯近づくと表示される「破壊する」を確認して「Eキー」を押すこと。炎上して、キャンプの機能が停止し、急速に耐久力が減少してやがて崩れ落ちる。
    炎上させられたら、耐久力が残っているうちなら同様に「修理する」「Eキー」で炎を消化できる。耐久減少が止まり、通常の時間経過による耐久減だけになる。
    また、攻城兵器で攻撃することでも破壊可能。耐久力も高くなく、バリスタで4発で破壊できる。
    見つかりにくい所に設置するのが一番だが、押せ押せムードの時でもバリスタの射程には気を配っておこう。

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

ホームエルダースクロールズオンライン ESO について

(c) 2016 DMM GAMES / 2016 ZeniMax Media Inc. Powered by PukiWiki Plus!