Top > 犯罪・賞罰

犯罪・賞罰

ESOの世界では、窃盗・スリ・侵入・殺人と言った犯罪者プレイが可能です。
そして、その犯罪を取り締まる賞罰のシステムも存在しています。

法の下で裁かれないよう上手く立ち回る事で、金策とアイテム収集が出来ます。

犯罪

ESOでは主に4つの犯罪行為が行えます。(※画像をクリックで各項目へ)

窃盗スリ
窃盗.jpgスリ.jpg
「盗む」と書かれたアイテムを取得する市民(NPC)の後ろから確率でアイテムを盗む
侵入殺害
侵入.jpg殺害.jpg
「解除する」と書かれた市民の家に入る市民(NPC)や家畜を攻撃する

高額で売却可能な「お宝」アイテムを獲得し、金策を行うのが主な目的。
他にも、調理の材料や家具類、装備・モチーフ・食べ物・飲み物等も獲得可能。

金策やアイテム獲得が出来る反面、NPCに見つかった時のリスクも多く存在します。
このリスクを上手く回避しながら盗みを行うのがポイントです。


・犯罪プレイの基本


普通の状態で犯罪行為を行うと、周りのNPCにその行為を見られるリスクが高くなってしまいます。このリスクを回避するために「Ctrlキー」のしゃがみを使って、ステルス(隠密)状態になります。この状態で盗み場所に近付く事で、周囲の目線をチェックしながら盗むのが基本です。

NPCに見つかると懸賞金が掛けられます。賞金にと賞罰に関しては下記の「賞罰」を参照。
「見つかる」の判定はNPCの周囲ではなくNPCの視界。後ろ側の死角であれば相手が衛兵であろうと見つかりません。しゃがみ動作か否かでNPCの視界の範囲がかなり違って来るので、盗みプレイをする時には基本動作としてしっかり使って行きましょう。


・盗品アイテムの扱い


犯罪によって得たアイテムは全て「盗品アイテム」として扱われます。
「お宝」等の売却したいアイテムは無法者の隠れ家にいる盗品商でのみ売却可能。
(例外的に、DLC「盗賊ギルド」のクリア報酬として連れ歩ける盗品商を獲得できます)

お宝は売却用のアイテムで、ノーマル(白)が40G、上質(緑)が100G、上級(青)が250G、極上(紫)が1500Gで売れます。

自分のものとして使用したいアイテムは、無法者の隠れ家で「洗浄」を行う必要があります。その場ですぐに使用可能なアイテムや直ぐに消費してしまうつもりの素材等は洗浄をしなくても問題ありませんが、盗品状態のままアイテムを持ち歩いていると、衛兵による没収時にまとめて没収されてしまうので注意して下さい(特に盗賊の宝から取得したセットアイテム)。

窃盗

市民のアイテムを盗み、自分のものにします。樽や箱・家具などを漁って獲得する方法と、食べ物や武器などそのまま取得する方法があります。特に後者の方法はワンクリックで出来てしまうため、間違って窃盗をしてしまわないように注意が必要です。
(商人に話しかけるときに棚の上の物を盗ってしまうなどのミスがよくあります)

盗みの場所と盗品アイテム

・中身がランダムなもの

画像名称盗品アイテム備考
[添付]調理、お宝
[添付]木箱調理、お宝
[添付]調理、装備(外見)、お宝
[添付]かご装備、装備(外見)、お宝
[添付]バックパックロックピック、スタイル素材、お宝、薬の溶媒
[添付]ドレッサーロックピック、スタイル素材、お宝
[添付]スタイル素材、レシピ
[添付]戸棚お宝
[添付]キャビネット調理、ロックピック、スタイル素材、レシピ、お宝
[添付]ナイトテーブル装備、お宝
[添付]ワードローブ装備、お宝
[添付]トランクロックピック、スタイル素材、レシピ、宝の地図
[添付]飲み物
[添付]
[添付]小樽飲み物
[添付]大がま食べ物

・中身が決まっているもの

画像名称盗品アイテム備考
[添付]小麦粉の袋小麦粉
[添付]調味料の袋シーズニング
[添付]リンゴのかごリンゴ
[添付]メロンのかごメロン
[添付]トウモロコシのかごトウモロコシ
[添付]青菜のかご青菜
[添付]ハチミツの樽ハチミツ
[添付]トマトの木枠箱トマト

・そのまま置いてあるもの

画像名称備考
[添付]かぼちゃ
[添付]バナナ
[添付]リンゴ
[添付]テンサイ
[添付]ニンニク
[添付]ブドウ
[添付]ニンジン
[添付]ラディッシュ
[添付]鶏肉
[添付]牛肉赤身の肉
[添付]豚肉白身の肉
[添付]パン
[添付]パイ色々
[添付]シチュー色々
[添付]飲み物色々
[添付]ジョッキアルコール色々
[添付]錬金術のボトル

スリ

スリは、NPCの持つアイテムを、しゃがみ(潜伏)を活用して背後から見つからないように盗む方法。本人・周囲に見つかると、懸賞金が追加されるため、なるべく見つからない位置取りをする。

スリの成功率.png

潜伏状態で背後に近付くと、スリ(○%)と出る。そこからしばらくすると音が鳴って緑色になり、成功率が上がるのでこの状態で実行する。一般市民であれば成功率が高めだが、兵士などを相手にする場合、成功率が低くなる。

この成功率を上げるためには、泥棒スキル「器用な指先」を取得する。2ポイントも振れば、一般市民に対して95%の確率で成功するためかなり安定する。

スリは1人に対して連続で行えるが、その場合には5%ずつ確率が下がってしまうため注意。1人あたり3回まで実行可能。良い所で切り上げるのも一つの方法。スリは、殺害よりも見られてしまった際のリスクが少ない上、倒してしまうよりは精神衛生上においてメリットがある。

侵入

鍵の掛かった個人宅に不法侵入する。人がいる事が多いので、空き巣ですらない堂々とした犯罪になりがち。扉の鍵は、宝箱などと同じようにロックピック方式(後述する「ロックピック」を参照)。開錠の最中に衛兵に見つかるともちろんアウト、他のNPCに見られても懸賞金が加算される。

これを回避するには周囲への警戒もそうだが、泥棒スキル「錠前屋」を取得しておくと良い。ワンクリックで強引に開錠する(Rキー)確率を上げられるため、速やかに侵入できる(失敗した場合も速やかに失敗するので見つかる危険は少ない)。入った後も、人に見られている状態で盗むとならず者メーターが上昇してしまうので、見られない位置取りを心掛ける(盗む直前でOK)。

狙うのは主に金庫だが、他にも様々なポイントが探索可能。更には、住民に対してスリや殺人も行える。ただし、住民にヘイトを溜め過ぎると襲いかかって来る事も。こうなると屋外にも出れない状態になり、倒すしかなくなってしまうので注意(透明化の薬を使ってから死角に逃げ込み戦闘を解除すれば倒さなくても済む。殺人犯の実績を解除したくない人へ)。メーターを溜め過ぎたら早めに出るのが吉。

なお、扉から出た瞬間に衛兵に見つかるとアウトなので、そこは運否天賦。どうしても見つかりたくない場合は、逃げやすいポイントに絞るか、旅の祠へワープするのがオススメ。

殺害

ESOでは、NPCを倒す事でも金策が可能。殺人は、人に見られていない状況で一撃でHPを0にする事が出来れば、ならず者メーターを一切貯める事なく遂行できる。

倫理観を重視する人にはオススメ出来ないが、一撃で大ダメージを与えるスキルを持っているキャラなら、一撃必殺の暗殺プレイが行える(レベルが高くなくても相手やスキル次第では可能)。両手武器スキルのアッパーカットやナイトブレイドのスキルが候補。
また、DLC「闇の一党」を導入しているなら、スキル「悲痛の短剣」によって背後から「X」キーひと押しでフィニッシュムーブ付きで瞬殺が可能。

しゃがみ状態でNPCの背後に近付き、一撃で仕留める。釣り人や船の中の船員などがメジャースポット。敵やNPCのHPを表示するアドオンを導入しておけば、どのNPCがどれくらいのHPなのか把握する事が可能。自身の強さとNPCのHPを計算した上で挑戦すると良い。アドオンのページはこちら

なお、効率を重視するのであれば、衛兵のいない地域の住民たちを大量○殺すると言う鬼畜プレイが稼ぎやすい…らしい。
これは、賞金を無視するため。コソコソしたり周りを確認する時間が短縮されるので、大幅な時短になる。(賞金を気にして用心するほど時間あたりの効率は悪化するため)
獲得した盗品の値段の10倍以上の賞金がつくこともあるが、悠々とログアウトするなり、シロディールをプレイするなりすれば実質無視できる。(シロディールでは賞金がいくらあっても衛兵に追われない)
因みに、効率を追求するなら市民が密集している程良いので、大都市で衛兵を意に介さず暴れる者もいる。(シロディールで最前線で戦うレベルの戦闘力が必要なので、そのくらいでなければ真似しない方が良い)

ロックピックを使った開錠について

ロックピック.jpgロックピック。探索で手に入れたり、商人・雑貨商人より購入する事が可能。

窃盗で宝箱の鍵を開ける際と、住居侵入時に扉の鍵を開ける際、ロックピックを使った解除ゲームがスタートします。5つのロック箇所を押し込むと、音を立てて震える位置があります。震えたタイミングよりも少し前の所で押し込みをやめると、カチッとはまってその箇所のロックが成功。

これを5つ全てはめ込む事が出来れば開錠成功ですが、制限時間が切れると失敗となります。なお、開錠中に震えるポイントを超えるとロックピックの耐久度が消費されて行き、最終的に破壊されます。街の外で見つかる宝箱と要領は同じですが、開錠中にNPCに見つかると懸賞金が掛けられてしまうので慎重かつ素早く行う事が求められます。

ロックピックの難易度は(簡単)(中級)(上級)(マスター)の4種類で、左から順に難易度が高くなります。開錠に成功すると泥棒スキルの経験値を獲得し、中のアイテムが獲得出来るようになります。開錠成功で獲得出来る泥棒経験値はそれぞれ、簡単:中級:上級:マスターで1:2:4:?

賞罰

窃盗・スリ・侵入などの犯罪行為がNPCに見つかると悪評メーターが上昇し、懸賞金が貯まって行きます。悪評メーターと賞金額は画面の右下に悪評に表示されます。白い部分が賞金で赤い部分がヒート。ヒートの減りは早いですが、賞金は3分毎に少しずつ減少。賞金の増加値や減少値はレベルによって異ります。

賞金が掛けられるタイミング

  • 宝箱、扉の開錠中に見つかる(小)
  • スリに失敗する(小)
  • アイテムを窃盗した所を見つかる(中)
  • 殺人(殺意)がターゲットにばれる(大)
  • 殺人を第三者に見られる(超大)
  • 衛兵に追われる他のプレイヤーを回復する

上から罪の軽い順(賞金が少ない順)
金額の大きさはおおよそ、小:中:大:超大→1:2:3:10

家具や樽の中を覗くだけであれば問題なし。その後に取得すると賞金が増加します。

賞金の精算

賞金が無くなり、一般人に戻るには以下の方法のどれかになります。
・時間経過により、賞金が自然消滅する
 プレイヤーにとって最も都合の良いパターン。リアル時間の経過によって賞金が減額するので、ログアウトが安全。他に、同盟戦争をプレイする方法も有名(シロディールでは衛兵が犯罪者を追わない)。
 これを見越してログアウト前やシロディールの待ち時間に犯罪をするのもポピュラーな手口。
・衛兵や盗品商に賞金を支払う
 即時賞金がゼロになるのがメリット。直ぐに街でクエストをしたい時など。基本的に盗みで得た金から払う事になる。時間が惜しい人向け。
 ただし、衛兵に賞金を支払う場合は手持ちの盗品を没収される。
 衛兵の目を盗んで活動を続けるよりも効率が良いこともある。
・アイテムで賞金を消す
 DLC「盗賊ギルド」で手に入るアイテムで自分の賞金を消すことが出来る。
 「偽の恩赦状」で500G、「減免の布告」で2000G、「大赦の布告」で10万Gの賞金を消すことが出来る。
・死刑執行
 ヒートが高すぎたり、衛兵から逃げたりすると衛兵から攻撃され、倒れると盗品が没収され、手持ちのゴールドから賞金の額だけ没収され、賞金が消える。
 賞金よりも手持ちのゴールドが少ない場合、没収されたゴールドの分だけ賞金が減額される。

衛兵から逃げる

衛兵に見つかってしまった場合、罰金を支払わずにそのまま逃げる選択をする事が可能。

特に大量に盗品を所持した状態だともったいないので、「逃げる」にチャレンジしてみるのも良い。(罰金を払う場合と比較しても、装備の耐久度が下がるデスペナだけがデメリット)。普通に逃げるだけでは難しいので、いくつかポイントを抑えた上で実行しよう。

まず、以下の4つの基本を押さえておこう。

・「走る」動作(デフォルトではShiftキー)は適宜使う。(ただし、打破とロール回避のスタミナを残す方が優先)
・同盟戦争スキルの「高機動」など、迅速(強)を得られるスキルをセットしておく。
・衛兵に足止めスキルを使われた際には方向キー2回クリックで抜け出す。
・衛兵に気絶スキルを使われた際には左右同時クリックで打破を行い、気絶を解除する。

上記を満たした上で更に逃げる効率を高めたいなら、走るためのスタミナ効率を上げるスタミナ強化や体力強化の消費アイテムを使うのも有効。料理と薬、どちらも準備しておくと更に成功率が上がる。装備も盗みの時だけスタミナ用にする、と言うのもアリ。
フィールドのモンスター同様、活動エリアを離れると諦めて去っていく。

衛兵は非常に強いので上記の対策を行っても逃げ切る事が出来ない場合が大半。
そこでオススメしたいのが、段差等の地形を利用した逃亡方法。

段差や場外へ.jpg

特に街の入り口付近の衛兵に見つかった場合は、ひたすら街の外に突き進む事で逃げられる可能性がある。また、海・崖・橋などの地形を利用すればほぼ確実に逃げられる。入口でなくても段差等があれば応用出来るので、逃亡時には地形を利用して逃げてみよう。

盗むポイントや地域を、そうした段差の多い場所や場外付近で行えばより安全に盗みが遂行できる。

また、透明化の薬を用意しておくと楽勝で逃げられる。事前にクイックスロットにセットしておくと良い。
(透明化中にダッシュすると透明化が解除されます。慌ててやらかさないように注意!)

コメント

  • 全部埋めてみました。修正などあればどうぞ。 -- 2017-06-02 (金) 17:42:20

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

ホームエルダースクロールズオンライン ESO について

(c) 2016 DMM GAMES / 2016 ZeniMax Media Inc. Powered by PukiWiki Plus!