Top > 武器スキル

武器スキル

身に付けている各武器の種類に応じてスキルレベルが上昇。
各武器専用のスキルを覚える事が出来ます。

武器スキル一覧

両手武器の特徴

両手武器の剣・斧・戦棍を装備する事でスキルが使用可能。
スキルはスタミナを消費する。

両手武器の特徴は、同レベルの他武器に比べて高く設定された武器ダメージ。一撃で大きなダメージを与えるスキルが多く、ボス等の単体の敵にダメージを与えるのが得意。攻撃のついでに近くにいる敵にもダメージを与えたり、出血効果を付与するスキルを駆使すれば集団にもある程度は対応が可能。少し離れた場所から突進し、敵との距離を一気に詰める特殊なスキルも覚える。

バフは武器ダメージの上昇、スタミナ再生力を高める、体力の回復、ダメージシールドの展開と、ある程度攻撃を喰らいながらゴリ押し気味に攻める、アタッカーに特化した構成になっている。

武器の種類によって、パッシブスキル「重武器」の効果が変化する。

追加ダメージを与える
確率で出血ダメージを与える
戦棍物理耐性を一定の割合無視してダメージを与える

両手武器 スキル一覧

片手武器と盾の特徴

片手武器(剣・短剣・斧・戦棍)と盾を装備する事でスキルが使用可能。
スキルはスタミナを消費する。

片手武器にプラスして逆手に盾を持てるため、防具を一つ多く付けられる特徴がある。これにより高い防御力と、追加の防具特性(鍛冶によって付加されるもの)を得ることが出来る。そのため、最前線で敵の攻撃を受け止めるタンク(壁)に向く。防御出来るダメージ量やダメージの軽減量を増加させるパッシブで、自身が受けるダメージを軽減が可能。防御時のスタミナ消費も軽減できるため、タンクを目指すなら優先的に取得して行きたい。

防御力に加えて、敵の与ダメージを低下させたり気絶させたりとダメージを減らす事が得意。グループでもソロでも安定感のあるスキルが多い。少し離れた場所から敵に体当たりし、一気に近付いてダメージを与えるスキルも覚える。

中でも敵を挑発する「穿孔」はタンクをやるなら必須級のスキル。敵を自分の所に引きつけて、味方を守るタンクとして基本の動きができるようになる。

片手武器と盾 スキル一覧

二刀流の特徴

片手武器(剣・短剣・斧・戦棍)を2つ装備する事でスキルが使用可能。
スキルはスタミナを消費する。

最大の特徴は両手に武器を持つことができ、武器の特性(鍛冶によって付加されるもの)を二つ付ける事が出来ること。もう一つの特徴として、「旋風」による範囲攻撃が得意な点が挙げられる。体力の残り少ない敵にや状態異常の敵に対してダメージ量を増加させるスキルが充実しており、これらのことから多数の敵を相手取る事が得意

周囲を対象に範囲攻撃したり、刃の輪を作り出して周囲の敵にダメージを与える等、前方以外の敵に対して有効なスキルを覚えられる。後者のスキルでは被ダメージを減少させる効果もあり、とっさの防衛に役立つ。

離れた場所から距離を詰めるスキルは覚えないが、ランク38になると20m先の遠距離相手に短剣を投げつけ、移動速度を低下させるスキルを覚える。

武器の種類によって、パッシブスキル「ツインウェポン」の効果が変化する。
(スキルはランク41で覚えられるようになる)

武器攻撃のダメージが増加する
短剣武器クリティカルが上がる
確率で出血ダメージを与える
戦棍物理耐性を一定の割合無視してダメージを与える

二刀流 スキル一覧

弓術の特徴

両手武器の弓を装備する事でスキルが使用可能。
スキルはスタミナを消費する。

遠距離攻撃で離れた敵に物理ダメージを与えられるのが特徴。ランク38で取得可能になる「スナイプ」を覚えれば、最大で35m先の敵に攻撃出来るようになる。反面、ダメージを与える性能は近接武器に比べると低い。継続ダメージを発生させるスキルは、1アクションあたりの威力が高いので、サブウェポンとしての性能はすこぶる高い。

また、範囲攻撃も豊富。指定した範囲に持続的に弓の雨を降らせるスキルは、複数の雑魚敵を殲滅する際には役に立つ。前方範囲の攻撃スキルでは、複数の敵を足止めしたり、毒を付与する事が可能。

直接的な防御スキルはないが、相手をノックバックで吹き飛ばしたり移動不能の状態異常を与えて距離を保つスキルを利用して位置取りの優位を確保することで間接的に生存性を確保することは可能。

弓術 スキル一覧

攻撃の杖の特徴

両手武器の業火の杖・氷の杖・稲妻の杖を装備する事でスキルが使用可能。
スキルはマジカを消費する。

アクティブ・パッシブの両面から相手の呪文耐性を低下させ、2種の単体攻撃と2種の範囲攻撃を使ってダメージを与える遠距離アタッカー向きのスキルライン。ランク41になれば、敵を倒す毎にマジカを回復するアビリティを覚えられる。

遠距離攻撃で離れた敵に魔法ダメージ・属性ダメージを与えられるのが特徴。ランク14で覚えられる「力の発動」を使えば、三属性全てのダメージを一度に与えられる。また、使用武器の属性によって様々な効果を追加で付与出来る。

アクティブパッシブ
業火の杖(炎)ノックバック、追加ダメージダメージ増加
氷の杖(氷結)移動不能、移動速度低下ダメージシールド
稲妻の杖(雷撃)気絶、フラフラ状態、周囲の敵にダメージ近くの敵にダメージ

攻撃の杖 スキル一覧

回復の杖の特徴

両手武器の回復の杖を装備する事でスキルが使用可能。
スキルはマジカを消費する。

名前の通り回復をメインとするスキルライン。全ての武器の中で唯一相手を倒すことを目的としない、特殊な武器である。ヒーラー役を目指すなら習得したい。自身と味方の両方を効率良く回復するスキルが揃っており、パッシブ効果も合わせればかなり効率良く回復出来るようになる。ただし、テンプラーの「回復の光輝」スキルラインに比べると回復速度が遅かったり、使い勝手が悪かったりと効率は下がる。

回復にはマジカを大量に消費するが、このスキルラインではマジカを回復するスキルが充実しているため、これを利用して安定した回復を実現したい。特にパッシブでは、重攻撃を成功させた際と呪文防御の際にそれぞれマジカを回復出来る。

回復以外では、最も体力が低い味方にダメージシールドを展開させる防衛系のスキルも覚える。

回復の杖 スキル一覧

コメント

  • ソーサラ -- 2017-05-06 (土) 11:46:08

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

ホームエルダースクロールズオンライン ESO について

(c) 2016 DMM GAMES / 2016 ZeniMax Media Inc. Powered by PukiWiki Plus!