Top > ハイエルフ

ハイエルフ の変更点


||CENTER:80|CENTER:300|c
|&ref(./ハイエルフ.png,nolink,60%);|~同盟|[[アルドメリ・ドミニオン]]|
|~|~推奨クラス|[[ソーサラー]]、[[テンプラー]]|
|~|~推奨スタイル|魔法アタッカー>ヒーラー|
|~|~概要|LEFT:多種族と交流のないハイエルフも、自分たちの洗練された文化を脅かす危険を察知して姿を現した。アルドメリ・ドミニオンの実質上のリーダーとして、強力な魔法を活かして新時代を作るべく、争いの先頭に立っている。別名をアルトマー。|

*ハイエルフについて [#m4069728]

別名アルトマー。シリーズ通して最も魔法に長けた種族であり、今作でも最高の魔法適性を誇る。貴族的なエルフであり、お高く止まった種族として描かれる者が多い。

とても長寿な種族でもあり、何百年も生きている者もいる。

*スキル [#l0491589]

|>|CENTER:||CENTER:||c
|~レベル|~画像|CENTER:~スキル名|~ランク|CENTER:~効果|
|1|&attachref(./攻撃魔法の才能.png,nolink);|ハイボーン|1|攻撃の杖スキルの経験値獲得量が15%増加する。&br;獲得する経験値が1%増加する。|
|5|&attachref(./スペルチャージ.png,nolink);|スペルチャージ|1|マジカ再生を&color(red){3%};アップする。|
|~|~|~|2|マジカ再生を&color(red){6%};アップする。|
|~|~|~|3|マジカ再生を&color(red){9%};アップする。|
|15|~|~|2|マジカ再生を&color(red){6%};アップする。|
|30|~|~|3|マジカ再生を&color(red){9%};アップする。|
|10|&attachref(./マグナスの贈物.png,nolink);|マグナスの贈物|1|最大マジカが&color(red){4%};上昇する。|
|~|~|~|2|最大マジカが&color(red){7%};上昇する。|
|~|~|~|3|最大マジカが&color(red){10%};上昇する。|
|20|~|~|2|最大マジカが&color(red){7%};上昇する。|
|40|~|~|3|最大マジカが&color(red){10%};上昇する。|
|25|&attachref(./属性の才気.png,nolink);|属性の才気|1|炎、氷結、雷撃のダメージが&color(red){2%};増加する。|
|~|~|~|2|氷結、炎、雷撃のダメージが&color(red){3%};増加する。|
|~|~|~|3|氷結、炎、雷撃のダメージが&color(red){4%};増加する。|
|35|~|~|2|氷結、炎、雷撃のダメージが&color(red){3%};増加する。|
|50|~|~|3|氷結、炎、雷撃のダメージが&color(red){4%};増加する。|

*特徴・おすすめクラス [#vaa5d678]

マジカ・マジカ再生・属性ダメージにボーナスがある。マジカはブレトンと並んで全種族最大であり、それに加えて属性ダメージ上昇のスキルが乗るため、&color(red){魔法攻撃においては全種族最強};と言える。マジカの回復量も増加するため、強力な魔法を苦もなく連発できる。

クラススキルや魔法の杖による攻撃を最も得意とする。マジカそのものが大きいため回復要員としても通用するが、長所を活かすなら火力だろう。

マジカ種族としてブレトンと比較すると、こちらは火力が優れ、あちらは呪文耐性に優れる。
また、ダークエルフと比較すると、属性に偏りがなく、マジカ再生が大きいが、スタミナや耐性の分、生存力で劣る。

なお、他の種族よりも経験値が少しだけ入りやすい特徴がある。

-[[ソーサラー]]

抜群の火力を発揮してくれる。

-[[テンプラー]]

回復役として活躍。

|BGCOLOR(#E6E6E6):CENTER:630|c
|[[&size(18){同盟・種族一覧へ};>同盟・種族一覧]]|

*コメント [#c7d128d4]
#comment

ホームエルダースクロールズオンライン ESO について

(c) 2016 DMM GAMES / 2016 ZeniMax Media Inc. Powered by PukiWiki Plus!