Top > 狂気の地下室

狂気の地下室 の変更点


とりあえず恐らく知りたいであろうギミックについて書いた。正式名称や詳細なデータはこの者が逐次補充するのでしばらく我慢して欲しい。

#contents

*概要 [#m64d03a2]
 コールドハーバーのグループダンジョン。絶好のダイビングスポットで、無重力感を味わえるアトラクション。

*マップ [#j41117dd]
 画像提供募集中

*ボス攻略 [#z9e27b84]
 最初のボス(名前忘れ)
  幽霊型のボス。
  たまに時間をかけて即死ビームを撃ってくる。ヒールを挟めは死には至らない。

 ウルグナ・ソウルリーパー
  吸魂者型のボス。
  やることもほとんど吸魂者。ただし、魂抽出攻撃は打破ができない。これを食らうと他の3人で戦うことになるが、弱いので3人でも勝てる。
  戦闘が始まると来た道が炎で覆われ、死ぬほど通れなくなるので、おいてけぼりを食らったりビビって離れすぎていたプレイヤーは戦闘に参加できなくなる。

 デスヘッド
  骨の巨像型のボス。
  普通の脳筋型ボスだが、周辺にいるザコは攻撃力高め。湧いたりしないので丁寧に処理するとリスクを減らせる。

 グロスダール
  肉の精霊型のボス。
  ボスは凡庸だが、戦闘フィールドを二つの炎が走り回る。スピードは遅く、ダメージが大きいタイプ。周りをよく見て戦おう。危険な攻撃は精々重攻撃くらいなので、落ち着くことが大事。

 アチャエライズル
  デイドロス型のボス。
  普通のデイドロスとそう変わらない。周辺にいる強めのザコの方が面倒なくらい。丁寧に数を減らせばそう苦戦はしないだろう。

 いにしえの者
  監視者型のボス。
  元々の監視者自体が体力多めなため、ボスと気づかずに倒していることが多い。アイテムを拾うのを忘れないように注意しよう。

 不吉なる者イスクラ
  タイタン型のボス。
  見た目通りのパワー型。大ジャンプ攻撃は範囲、威力共に大きい。

 狂乱の建築家
  なんということでしょう。このダンジョンがトンデモ構造なのは匠の仕業だったのです。
  ボスの近くと遠くに対して即死クラスの攻撃をしてくる。ボスが乗ってる円形の床が範囲の目安なので、どちらが来ても避けられるように円の縁から内側に陣取ると良い。
  ・ザコ召喚
   ザコ敵を数体呼び出す。数が増えると面倒なので、逐次処理しよう。射程持ちもいるので手間はかかる。
  ・時間停止
   停止というか破壊というか。ボス周辺に光のドームが発生し、その外側全部に即死ダメージを与える。ボスが隙だらけで攻撃チャンス。普段からボスから離れすぎないようにしよう。
  ・怨霊噴出
   ボスの周辺の地面から大量の怨霊が吹き出す。範囲内に特大のダメージ。これは離れるだけで回避可能。



*コメント [#bd7637ec]
#comment

ホームエルダースクロールズオンライン ESO について

(c) 2016 DMM GAMES / 2016 ZeniMax Media Inc. Powered by PukiWiki Plus!